事業 For Businesses

共同入札について


 公売物件のうち、不動産については共同入札が行えます。

  • 共同入札をする場合は、共同入札者の中から1名の代表者を決めていただく必要があります。公売参加手続および入札手続をすることができるのは、代表者の方のみです。したがって、公売参加手続および入札手続などについては代表者のYahoo!JapanIDで行うことになります。
  • 代表者以外の方は、代表者に対する「委任状」と、共同入札者全員分を記載した「共同入札者持分内訳書」を入札開始2開庁日までに市に提出する必要があります。
  • 共同入札に参加される方全員の印鑑証明書が必要になります。
  • 「委任状」および「共同入札者持分内訳書」に記載された内容が共同入札者の住民登録や商業登記簿の内容などと異なる場合は、共同入札者が買受人となっても所有権移転などの権利移転登記を行うことができません。
  • 共同入札で参加される場合、クレジットカードによる公売保証金の納付はできません。

【様式(PDF)】
委任状
共同入札者持分内訳書