市政 City Administration
メッセージ

台風シーズン到来

 首長の仕事の中で、一番難しいのは「災害が起こった時の対応」です。災害時の首長の心構えとして、「避難勧告等は躊躇(ちゅうちょ)するな」「命が優先、空振りを恐れるな」という項目があります。市民に対して、「いつ、どこへ逃げるか」を日頃から考えておくように求めなさいという項目もあります。
 五島は、これから本格的な台風シーズンに入ります。地震は、いきなりやってきますが、台風は早い時期から、その強さや進路が天気予報などで分かります。
 大きな災害が発生する恐れがある時は「避難勧告」などを発令しますが、台風の接近が真夜中だったり、大雨や暴風で外に出られない場合もあります。
 大きな台風が近づいた時は、自主避難を勧めています。
 特に、崖の下や川のそばに住んでいる方、高齢者や小さな子どもがいる家庭の方は、早めに避難してください。

 災害に関する情報は、防災行政無線でもお知らせします。この無線が聞こえにくいという地域もあります。緊急の情報は、大きな音で放送しますが、台風や大雨の時は、テレビやラジオ、インターネットなどでも情報を集めてください。
 避難が遅れて外に出られない時は、高い場所へ逃げるなど、命を守る行動をとってください。

 自分の避難場所はご存知ですか?6月の広報紙と一緒に避難所一覧を配布しています。再度、ご確認ください。分からない場合は、市役所や支所、出張所にお問合せください。

避難情報の種類と行動
種類緊急性行動
避難指示(緊急) まだ避難していない場合は、直ちに避難してください。
外に出るのが危険な場合は、自宅内のより安全な場所に避難してください。
避難勧告 避難場所へ避難してください。
避難準備・高齢者等避難開始 いつでも避難できるよう準備してください。
避難に時間がかかる方は避難を開始してください。
五島市の紹介
特設ページ
お役立ち情報