お知らせ
第8回長崎写真コンクールで、五島市在住の写真家 廣瀬健司さんの「家牢の跡」が長崎の教会群とキリスト教関連遺産賞を受賞

内容

長崎県の魅力向上につながる事業「長崎夢プロジェクト」のひとつ、自治体と企業が合同で開催する第8回長崎写真コンクール『とるけん長崎』で、五島市在住の写真家 廣瀬健司さん撮影の「家牢の跡」が長崎の教会群とキリスト教関連遺産賞を受賞しました。
「家牢の跡」は、昨年5月、三井楽教会で行われた聖母祭の模様を撮影したもの。
五島市には、構成資産候補に選ばれている教会や史跡以外にも、趣のある貴重な行事や遺産がたくさんあります。

ただいま、長崎県美術館で入選作品が展示されています。
ぜひ足をお運びください。

第8回長崎写真コンクール写真展 
平成29年5月10日(水曜日)~平成29年5月14日(日曜日)
長崎県美術館 運河ギャラリー