お知らせ
「椿の島・五島市どぶろく特区」の認定を受けました

内容

五島市は、平成29年12月26日、内閣総理大臣から構造改革特別区域「椿の島・五島市どぶろく特区」の認定を受けました。この認定により、酒税法に定められたどぶろくの製造免許取得の要件が緩和されます。
※画像はイメージです。

どぶろくとは
次のいずれかに該当するものです。

  • 米、米こうじ、水を原料として発酵させたものでこさないもの
  • 米、水、特定品(麦、とうもろこし、あわ、ひえ、そば、きび、もろこし、は とむぎ、でんぷん若しくはこれらのこうじ、米こうじ又は清酒かす)を原料として発酵させたもので、こさないもの


どぶろく特区とは
どぶろくなどの酒類を製造する場合は、酒税法に基づく製造免許を取得する必要があり、この免許を取得するためにはいくつかの要件を満たさなければなりません。
どぶろく特区内では、この要件のうち、最低製造数量基準(年間の製造見込数量が6キロリットル以上)が適用されません。ほかの要件を
満たしていれば、製造見込数量の多寡にかかわらず、製造免許を受けることができます。
今回の「椿の島・五島市どぶろく特区」は五島市全域を区域として認定を受けました。

特区内でどぶろくを製造するための要件
「どぶろく」を製造するためには、酒税法に定められた要件のほか、構造改革特別区域法に定められた次の要件を満たす必要があります。

  • 特区の区域内で、農家民宿や農家レストランなど「酒類を自己の営業場において飲用に供する業」を営んでいる農業者。 
  • 特区の区域内に所在する自己の酒類製造場で製造すること。
  • 材料とする米は、自ら生産したもの又はこれに準ずるものとして財務省令で定められたものであること。
  • 製造する酒類は「どぶろく」に限る。


製造免許は必要です
どぶろくは、酒税法上の要件と構造改革特別区域法上の要件を満たして酒類の製造免許を受けた者でなければ製造することはできません。製造免許を受けないで製造した場合は、無免許製造の罪となり、酒税法に基づいて10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられることになっています。

詳しくは国税庁ホームページ『特定農業者による濁酒製造用』(外部リンク)をご覧ください。

お問合せ
五島市役所 富江支所地域振興班
〒853-0291 長崎県五島市富江町富江165番地1
電話:0959-86-1111(代表)
FAX:0959-86-0193(代表)