お知らせ
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」へイコモスから勧告

内容
平成30年5月4日(日本時間)、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)から、「世界遺産一覧表への記載が適当」との勧告がなされました。

イコモスの評価結果
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」については、「記載」が適当との勧告がなされました。
今後は第42回世界遺産委員会(平成30年6月24日~7月4日、バーレーン)において、イコモスの勧告を踏まえ、世界遺産一覧表への記載の可否が決定されます。
詳しくは、「我が国の推薦資産にかかる世界遺産委員会諮問機関による評価結果及び勧告について(PDF形式)」をご覧ください。

イコモス勧告に関する市長コメント
率直に申し上げて、大変嬉しく、喜ばしいことと思います。
また、このことは、先人達が継承してきた尊い信仰の在り方が、国際的にも世界遺産に相応しい価値があると認められたものであり、大変光栄に思っております。
ただ、まだ正式に世界遺産登録が決定したわけではございませんので、今後も、国や県及び関係自治体等とこれまで同様に緊密な連携を図りながら、6月24日からバーレーンにおいて開催される世界遺産委員会において勧告どおり世界遺産に登録されるよう、全力で取り組んでまいります。

平成30年5月4日
五島市長 野口 市太郎