お知らせ
労働保険に加入しましょう 11月は「労働保険適用促進強化期間」

内容
労働保険とは、労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険の総称です。
事業主の皆様は、労働保険の加入義務の有無などを確認し、まずは、最寄りの労働基準監督署もしくは公共職業安定所(ハローワーク)へご相談ください。

加入義務のある事業場
常勤、パート、アルバイト、派遣等の名称や雇用形態にかかわらず、労働者を1人でも雇っている事業場は、労働保険への加入が法律で義務付けられています。
5人未満の労働者を使用する個人経営の農林水産の事業については、強制適用事業場から除かれています。


労働者とは
職業の種類にかかわわらず、事業に使用される者で、労働の対価としての賃金が支払われる者のことです。

保険料の使途
労災保険:労働者が仕事(業務)や通勤が原因で負傷した場合、また、病気になった場合や亡くなった場合に、被災労働者やご遺族を保護するための給付等を行っています。
雇用保険:労働者が失業した場合は働き続けることが困難になった場合、また自ら教育訓練を受けた場合に、生活・雇用の安定と就職の促進を図るための給付等を行っています。

労働保険の加入手続き方法
労働基準監督署および公共職業安定所(ハローワーク)の窓口または電子申請で行うほか、労働保険事務組合(厚生労働大臣の認可を受けた中小事業主等の団体)や社会保険労務士へ事務処理を委託(依頼)することもできます。

お問合せ先
長崎労働局総務部労働保険徴収室
電話:095-801-0025