お知らせ
「認知症キッズサポーター作品募集」で最優秀賞を受賞

内容

全国キャラバン・メイト連絡協議会が主催する「認知症キッズサポーター作品募集」で、三井楽中学校2年の濱里 桜(はまざと おう)さんの作品(作文)が最優秀賞を受賞しました。
この作品募集は、今回が2回目。認知症キッズサポーターである小・中・高校生を対象に、認知症をテーマにした幅広いジャンルで作品を募集し、子どもたちの認知症に対する理解を深めてもらうため実施しています。

濱里さんが書いた作文のタイトルは、「認知症の2人の祖母に私ができること」。昨年8月に参加した「認知症キッズサポーター養成講座」で学んだことを認知症の2人の祖母に照らしながら、認知症の理解を深めていく様子や自分にできることを考え、行動していく様子を描いています。最後に「認知症の方々を救うことができるのは私たちです」と締めくくった、心に響く内容です。
東京で開催された表彰式では、多くの人が見守る中、堂々とこの作文を朗読しました。

2月6日、市役所を訪れ野口市長に受賞を報告した濱里さんは、「最優秀賞を受賞してとても驚きました。今までは認知症の方を敬遠しがちな部分がありましたが、講座を受講して認知症がどういう病気なのか学ぶことができました。自分から優しく接することができるようになり、自分たちの行動が認知症の症状を和らげるのに役に立つということを、みんなにも広めていきたいです」と話してくれました。

お問合せ
五島市役所 市民生活部長寿介護課長寿支援班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6194(直通)
FAX:0959-74-1994(代表)