お知らせ
地域活性化を目的にKDDI株式会社と協定を締結

内容

平成31年2月7日(木曜日)、KDDI株式会社と五島市が、地域活性化を目的とした連携に関する協定を締結しました。総務省の実証事業として実施している赤潮対策を進めていく中で、他の分野でも両者の資源や技術を活用した連携ができるのではと考えこの協定を締結するにいたりました。
協定には、マグロ養殖にICT(情報伝達技術)やIot(モノのインターネット)を導入することなどが定められています。具体的には、魚のサイズや数の測定、エサやりなど人手が必要な作業への活用が見込まれますが、実際の取り組みは課題を探りながら検討していくことになります。
五島市役所であった調印式では、KDDI株式会社の三井九州総支社長と五島市の野口市長が協定書に調印し、今後の連携を約束しました。

五島市 野口市長のコメント
実際のマグロ養殖の現場はアナログ的な部分が多くあります。KDDI株式会社様がお持ちの技術やノウハウを組み合わせることで、作業の効率化や生産性が高まることに期待しています。養殖の現場だけではなく、例えば市役所の仕事にもこの技術を活用することで、市民サービスの向上につながると考えています。今回の協定を契機に、五島市の活性化、住民サービスの向上を図っていきたいと思います。

KDDI株式会社 三井九州総支社長のコメント
近年の情報通信技術は目覚ましい進歩があります。一方で、地方では人口減少や労力の減少が大きな課題になっています。弊社が今まで培った通信という基盤を核に、最新のテクノロジーやサービスを融合して、課題解決のお手伝いをしていきたいと考えています。今回の協定は、2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の食の問題や生きがいを持った働き方と経済成長の両立、海の豊かさを守ることにもつながるものです。弊社自体も持続可能な成長をしていき、五島市が持続的、継続的な活性化活動を成し遂げられるよう、貢献していきたいと思っています。

お問合せ
五島市役所 農林水産部水産課水産振興班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-7869(直通)
FAX:0959-74-1994(代表)