第6回カネミ油症を学ぶ市民講座
2018年10月06日(土)
油症患者への支援活動を通して見えてきたカネミ油症

イベントの概要
カネミ油症は、西日本一帯で起きた、米ぬか油に混入したPCB・ダイオキシン類による食中毒事件です。1968年(昭和43年)10月に発覚しました。今もなお健康被害が続いています。

事件発覚から今年で50年です。5月から10月まで全6回でカネミ油症について学ぶ市民講座を開催します。
興味のある方はぜひご参加ください。

対象
中学生以上の方

講師
カネミ油症被害者支援センター  山岡央氏

内容
支援活動を通して見えてきたカネミ油症

申込方法
電話でお申し込みください。

お問合せ
カネミ油症事件発生50年事業実行委員会事務局
(五島市役所 市民生活部国保健康政策課総務係内)
〒853-0064 長崎県五島市三尾野一丁目7番1号
電話:0959-74-5831(直通)
ファックス:0959-74-5832

詳細情報
会場 福江総合福祉保健センター2階研修室
開催期間 平成30年10月6日(土曜日)
開催時間 13時30分~15時
料金等 無料