くらし

ライフステージで探す
妊娠・出産子育て・教育結婚・離婚高齢者介護引越し・住まい就職・離職病気・事故おくやみ

TOP くらし 環境 スズメバチ捕獲器の作り方

スズメバチ捕獲器の作り方

スズメバチにお困りの方は、「スズメバチ捕獲器」を試してみませんか。

毎年4月から5月にかけて、女王バチが巣作りの場所を求めてあちこち飛び回ります。この時期にスズメバチ捕獲器を仕掛けて女王バチを捕獲することで、家の周辺に巣を作らせないようにする効果があります。

捕獲器の材料と作り方

材料

2リットルの空のペットボトル(凸凹のないつるつるしたものが良い)

作り方

  1. ペットボトルの上部に、カッターナイフで「H」の形に切り込みを入れ、スズメバチの入り口を4か所つくる。
  2. 切り込みの下部を内側へ折り込み、上部を外側へ直角に折り曲げる。

Hの形に切り込みを入れ、切り込みの下部を内側に折り込み、上部を外側へ直角に折り曲げる。

誘引液の材料と作り方

材料

作り方

注ぎ口があるボウルや鍋などに材料を入れてよく混ぜる。

捕獲器の設置方法と場所

誘引液を入れた捕獲器に「スズメバチ注意」などの注意書きをして、地上から2~3メートルの位置に針金等でくくり付けましょう。設置中は定期的に中身を確認して、必要があれば誘引液を取り換えましょう。

完成した捕獲器

ペットボトルを利用して作ったスズメバチ捕獲器。中に誘引液が入っています。

注意点

毎年6月頃になると、女王バチに代わって働きバチが活動を始めます。捕獲器を6月以降も設置したままにすると、かえってスズメバチをおびき寄せてしまうので、捕獲器は撤去しましょう。

捕獲器の設置や、捕獲したハチを処理する際は、刺されないように注意してください。

お問合せ
五島市役所 市民生活部生活環境課環境班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6116(直通)
ファックス:0959-74-1994(代表)


ページの先頭へ

一般向け応急手当WEB講習 九州電力 停電情報 五島市内の急速充電器 五島長崎国際トライアスロン大会バラモンキング 家電4品目の「正しい処分」早わかり

五島市立図書館 五島観光歴史資料館 無料相談 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)