くらし

ライフステージで探す
妊娠・出産子育て・教育結婚・離婚高齢者介護引越し・住まい就職・離職病気・事故おくやみ

TOP くらし 水道 五島市水道局水質検査計画

五島市水道局水質検査計画

平成29年度水質検査計画

五島市の水道は、1つの上水道(平成29年度に福江島内を事業統合)と3つの簡易水道(奈留地区・久賀地区・椛島)からなっています。浄水場の数は33箇所あり、全国の水道事業体と比較すると、浄水場の数が多いのが特徴となっています。

現在、全ての施設において適正に浄水処理し、需要者に安全で良質な水道水を供給しています。

水質検査計画とは

水道法施行規則に基づき、水源種別・過去の水質検査結果・水源周辺の状況等について総合的に検討し、水道事業者自らの判断により水質検査等の内容を定めた水質検査計画を作成し、水質検査の適正化を確保するため、毎事業年度の開始前に水道の需要者に対して情報提供することと定めたものです。

水質検査の内容

  1. 基本方針
  2. 水道事業の概要
  3. 原水及び浄水の水質状況
  4. 採水地点
  5. 水質検査項目及び検査頻度
  6. 臨時の水質検査
  7. 水質検査方法
  8. 水質検査の自己/委託の区分
  9. 水質検査計画及び検査結果の公表
  10. 水質検査の精度と信頼性保証
  11. 関係者との連携

五島市水道局では、水道法施行規則の一部改正に伴い、水道の原水及び浄水の状況を踏まえ水質検査計画を策定し、これまで行ってきました検査結果の公表と併せ、水道水が安全で良質であることを、さらにご理解いただけるよう公表いたします。

水質検査計画の内容

基本方針

五島市水道局は、供給する水が水道水質基準に適合していることを厳守し、安全であることを保証するために、以下の方針で水質検査を行います。

採水地点

水道法で義務付けられている水道水の検査については、浄水は浄水場などの系統を代表する給水栓(蛇口の水)で行い、必要に応じて配水管の末端等水が停滞しやすい場所も選定し、場合によっては採水地点の変更をいたします。

検査項目

検査項目は水道法で義務付けられている水質基準項目等を行います。また水質管理上留意すべきとされている水質管理目標設定項目については、おもに農薬類を対象とし、一の河川水源(籠淵浄水場)で検査項目を五島市水道局が設定し、五島保健所の方で行っています。

検査頻度

水道法に基づいて、過去の検査結果や水源域の状況などを勘案し、項目に応じて検査頻度を設定し検査を実施します。また色及び濁り並びに消毒の残留塩素の検査については、給水栓(蛇口の水)で毎日行います。

水道事業の概要

水道事業の概要(表1、2-1~2-9)(PDF形式)

原水及び浄水の水質状況

原水水質で留意すべき状況

浄水場ごとに留意すべき対象項目及び対処方法は表3のとおりです。

表3 原水の留意すべき対象項目及び対処方法

浄水場

源水種別

留意すべき事項

対象項目

対処方法

籠淵

表流水

降雨による濁水

濁度、pH値

原水調整池の利用

伊福貴

表流水

降雨による濁水

濁度、アルミニウム

原水調整池の利用

中地区

深井戸

原水に含まれるヒ素

(佐賀利深井戸)

ヒ素

他原水と調整混合

前処理による除去

樫木山

ダム直接

藻類の増殖

(牟田川沈砂池)

臭気物質

水質浄化装置の設置

※その他の浄水場でも、留意すべき対象項目で降雨による濁水が考えられ、多雨時は取水の停止及び制限をしています。

浄水の水質状況

浄水(水道水)は、適切な浄水処理を行い、水質基準値を超えない安全で良質な水道水を供給しています。

蛇口で鉛が検出されることもありますが、これは鉛製給水管に由来するものであり、配水管の敷設替えの際、鉛管の取り替えを行います。また、一部の家屋では宅地内で鉛管が使われており、メーター交換の際、鉛管の取り替えに努めます。

貯水槽を経由している蛇口では、貯水槽の管理が不十分な場合、残留塩素が減少し、水質が悪化することがあります。本市では、貯水槽の実態把握に努め、必要な改善に向けて所有者・管理者などに積極的に働きかけています。

原水の水質検査結果

原水の水質検査結果(PDF形式)

浄水の水質検査結果

浄水の水質検査結果(PDF形式)

採水地点

給水柱(じゃ口の水)

水質基準項目及び1日1回行う検査(色及び濁り並びに消毒の残留効果)は浄水場ごとに配水系統が分かれていますので、各浄水場系統で代表する1カ所を選定し、計33カ所で検査を行います。(1日1回行う検査は複数カ所)

水源

原水の水質検査は取水地点又は着水井等の水を採水し、原水の基準項目を45カ所で行います。また、クリプトスポリジウム等対策のため、指標菌(大腸菌・嫌気性芽胞菌)の検査を年4回、注視すべき水源においては指標菌検査を年12回そしてクリプトスポリジウム等の検査を年4回行います。

水質検査項目及び検査頻度

給水柱(じゃ口の水)

水質基準項目及び1日1回行う検査(色及び濁り並びに消毒の残留効果)は浄水場ごとに配水系統が分かれていますので、各浄水場系統で代表する1カ所を選定し、計33カ所で検査を行います。(1日1回行う検査は複数カ所)

水質基準項目検査(51項目)

平成29年度の水質検査計画において実施する検査項目、各項目の検査頻度及び頻度設定の理由(表6-1~6-33)(PDF形式)

原水に係る水質検査

原水の水質基準項目として、水質基準項目51項目の中から消毒副生成物(基21~31)及び味(基48)を除いた基1~20・32~47・49~51の39項目の検査を行います。

臨時の水質検査

臨時の水質検査は、次のような場合により水質基準に適合しないおそれがある場合に行います。

水質検査方法

水質基準項目の検査方法は、水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号)の規定に基づく、告示に示された検査方法により行います。(最近改正を使用)

水質検査の自己と委託の区分

毎日検査は自己検査で行います。また、他の全ての検査は、水道法第20条第3項に規定する厚生労働大臣登録検査機関において、入札制度により決定した委託検査機関で検査を行います。

水質検査計画及び検査結果の公表

水質検査計画は市民に公表し、内容についてご意見を参考にさせて頂きながら、毎年よりよい計画書を作成してまいります。

公表の方法は、広報紙またはインターネットのホームページなどで行います。また、検査結果につきましても、毎年公表いたします。

水質検査の精度と信頼性の保護

本市では、水質検査の測定値の信頼性を確保するため、委託検査項目について、原則として水質基準値の1/10の定量下限値を確保し、水質基準値の1/10付近の測定における変動係数(CV値)が金属類で10%以下,微量有機物関連項目では20%以下の精度で水質検査を行い、正確かつ精度の高い検査に留意しています。

関係者との連携

水源及びその周辺で水質事故の発生、並びに水質検査の結果が水質基準値を超過した場合、五島保健所と連携して現場調査及び水質検査を行うとともに、原因を解明して改善を行います。また、水質異常時及び水質基準値を超過した場合の連絡体制は、下のフローのとおりです。

水道異常の通報を水道事業者や住民から受けた場合、保健所または県水環境対策課へ通報します。保健所へ通報した場合は、保健所から県水環境対策課へ報告されます。県水環境対策課は、県環境政策課と通報・要請のやりとりを行い、必要に応じて県庁内の各課へ通報します。また、市町村は、住民へ向けて広報します。

登録検査機関は、電話または文書で水道事業者と保健所へ報告します。また水道事業者は保健所へ報告し、保健所は水道事業者へ指導します。保健所は、水環境対策課へ報告します。

お問合せ
五島市役所 水道局水道課
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6115(直通)
ファックス:0959-72-3659


ページの先頭へ

一般向け応急手当WEB講習 九州電力 停電情報 五島市内の急速充電器 五島長崎国際トライアスロン大会バラモンキング 家電4品目の「正しい処分」早わかり

五島市立図書館 五島観光歴史資料館 無料相談 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)