くらし

ライフステージで探す
妊娠・出産子育て・教育結婚・離婚高齢者介護引越し・住まい就職・離職病気・事故おくやみ

TOP くらし 健康 特定健診・人間ドック

特定健診・人間ドック

健診は自分の健康状態を認識するいい機会です。健診結果は、日頃の生活習慣が反映され、自覚症状のない生活習慣病やその予備軍の早期発見につながるとともに、悪習慣を改善するための指標となります。毎年健診を受けて、生活習慣病を予防しましょう。

特定健康診査(メタボ検診)

不適切な食生活や運動不足などの生活習慣を続けることにより、糖尿病、高血圧、心疾患などの生活習慣病の発症リスクが高くなります。そこで、生活習慣病である心疾患等に発症リスクが高い状態であるとされるメタボリックシンドロームを見つけ出すことに重点を置いた特定健康診査が始まりました。

メタボリックシンドロームとその予備軍を予防、改善することにより、心疾患等の発症リスクを抑え、増え続ける医療費の抑制につなげることを目標としています。

メタボリックシンドロームとは

お腹のまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満となり、高血圧、脂質異常、高血糖等の疾患が発症した状態のことです。

この状態が改善されないと、疾患が重症化し、重度糖尿病、心筋梗塞等の発症に至る可能性があります。自覚症状はほとんどなく、知らないうちに重症化していきます。

健診の実施内容

対象者

40歳から74歳までの国民健康保険加入者

実施方法

集団健診及び個別健診

実施時期

通年

実施場所

各地区公民館等及び指定医療機関

実施項目
受診の際の注意点

平成29年度までの特定健診実施率の目標値

結果 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
特定健康診査受診率 40% 45% 50% 55% 60%
特定保健指導実施率 55% 55% 55% 58% 60%

メタボリックシンドロームの該当者・予備軍の減少率

(平成20年度比較)

25%減少

特定健康診査等実施計画

特定健康診査等実施計画(PDF形式)

人間ドック

病気の予防、早期発見、早期治療することにより、健康の増進に役立てていただくため、人間ドック検診費用の一部を助成します。

対象者

五島市国民健康保険の被保険者で、次の1から5の全てに該当する方が対象です。

  1. 満30歳以上の方
  2. 被保険者になって1年以上継続して加入している方
  3. 国民健康保険税の滞納がない世帯に属している方
  4. 同一年度内において一度も人間ドックを受診していない方
  5. 同一年度内に「特定健康診査」を受診していない方

申込から検査までの流れ

  1. 保険証と印鑑(認可)を持って、五島市役所市民課保険年金班、または各支所、各出張所で申請する。
  2. 検診日までに「助成券」が郵送されるので、希望する医療機関へ検診日の予約する。
  3. 検診の際に保険証と一緒に病院に提出し、検査を受ける。

申請書

人間ドック費用助成申請書(PDF形式)

助成額と実施医療機関

助成額20,000円

五島中央病院、奈留医療センター

助成額30,000円

長崎みなとメディカルセンター市民病院、長崎原爆諫早病院、井上病院健診センター、福岡和白総合健診クリニック

実施時期

通年

お問合せ
五島市役所 市民生活部国保健康政策課国保・年金班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-88-9166(直通)
ファックス:0959-74-1375(直通)


ページの先頭へ

一般向け応急手当WEB講習 九州電力 停電情報 五島市内の急速充電器 五島長崎国際トライアスロン大会バラモンキング 家電4品目の「正しい処分」早わかり

五島市立図書館 五島観光歴史資料館 無料相談 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)