就学指定学校及び校区外通学について
1 就学指定学校について
  五島市立の小・中学校は、住民登録をしている住所により通学する学校(就学指定学校)が定められています。(※通学区域は以下の規則等で確認してください。)
 
  「五島市立小中学校の通学区域に関する規則」
 
  「教育長が定める通学区域」(PDF)

2 校区外通学について
   以下のような特別な理由で、就学指定学校の変更(校区外通学)を希望する場合は、教育委員会学校教育課までご相談ください。
 保護者の申請があり、教育的配慮が必要であると教育委員会が判断した場合に、就学指定学校の変更(校区外通学)が認められます。
 ただし、通学時の安全や経費負担等、通学についての一切の責任を保護者が負うことが、条件となっています。

種  類 申 請 の 事 由
最終学年転居 ・小学校6年生または中学校3年生で転居し、通学に支障がない場合。
※教育上の配慮として弟妹も同一校通学を認めます。 
特別支援学級等への通学 就学指定校に特別支援学級・通級指導教室がないため、住所地から最も近い他の学校の特別支援学級へ通学または通級指導教室へ通級する場合。
※教育上の配慮として兄弟、姉妹も同一校通学を認めます。 
学期途中転居 ・各学期の途中に転居し、通学に支障がない場合。
※ただし、当該学期末を期限とします。また、長期休業期間中(夏休み等)に転居した場合は除きます。 
転居予定 住宅の新築・改築、その他の理由による転居予定があり、短期間校区外から通学する場合。
留守家庭 下校後、家庭に保護監督する者がいない小学生で、親の勤務地の校区や祖父母等が居住する校区の学校に通学する場合。
身体的な理由 身体虚弱等により、就学指定校への通学が困難な場合。
通院治療を必要とし、就学指定校からの通院が困難な場合。
災害等 不慮の自然災害や火災などにより、住民票を移さないまま居住している校区 の学校へ通学する場合。
その他特別な理由 家庭的事情または教育上やむを得ない事情がある場合。
※いじめ、不登校等
のびのびふれあいスクール事業
~校区外通学特定地域選択制度~
福江小、緑丘小学校、福江中学校区に居住している児童生徒は、通学可能な範囲の市内小中学校へ転入学することができる。
※当該校区中学校への継続進学もできる。
※毎年11月~12月に次年度分申請受付。転勤によるものは3月末まで可。

3 校区外通学申請の手続き
 教育委員会学校教育課(五島市役所3階)に備え付けの申請書に必要事項を記入し、申請してください。(内容によっては、この他に添付書類の提出を求めることもあります。)
 なお、年度を越える校区外通学については、年度末を期限とし、年度ごとに更新手続きを行うことを原則としています。

お問合せ
五島市教育委員会学校教育課
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959‐72‐7801
五島市の紹介
特設ページ
お役立ち情報