国民保護  
 
国民保護法とは 
   国民保護法は、武力攻撃を受けた場合や大規模テロなどが発生した場合に、国民の生命、身体及び財産を保護し、武力攻撃に伴う被害を最小にすることができるよう、国・県・市町村等の役割分担やその具体的な措置を規定したものです。

詳しくは、次のサイトをご覧ください。
>>   内閣官房 国民保護ポータルサイト
http://www.kokuminhogo.go.jp/pc-index.html

五島市国民保護計画の策定について
   平成16年9月、国民保護法の施行に伴い、都道府県及び市町村は、国民保護計画を作成することが義務づけられました。
 この計画は、武力攻撃や大規模なテロなどが発生した場合に、国の方針に基づき、市が、国・県・他の市町村関係機関等と連携・協力して、迅速・的確に住民の避難や救援などを行うことができるように、あらかじめ定めておくものです。
 五島市では、市国民保護協議会での審議や長崎県との協議を踏まえ、「五島市国民保護計画」を策定しました。

>> 五島市国民保護計画(PDF:2.83MB)

国民保護関連資料(国民保護をご理解いただくための各種資料)
 
国民の保護のためのしくみ
http://www.fdma.go.jp/html/new/pdf/041222kokuminkeihatsu.pdf
  国民保護の基本的な仕組みなどを簡潔に説明したパンフレット(総務省消防庁作成)
 
なくてはならない国民保護
http://www.fdma.go.jp/html/kokumin/pdf/kokumin-hogo_180327.pdf
  国民保護における消防団や自主防災組織リーダーの役割などについて説明したリーフレット(総務省消防庁作成)
 
武力攻撃やテロなどから身を守るために
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_manual.pdf
  万一、武力攻撃などが発生した場合の行動や自主防災組織リーダーの役割などについて説明したパンフレット(内閣官房作成)
五島市の紹介
特設ページ
お役立ち情報