くらし

ライフステージで探す
妊娠・出産子育て・教育結婚・離婚高齢者介護引越し・住まい就職・離職病気・事故おくやみ

TOP くらし 住民票・戸籍 本人通知制度

本人通知制度

本人通知制度は、平成29年10月から開始します。

本人通知制度とは

この制度は、住民票や戸籍などの証明書を代理人や第三者に交付した後に、そのことを事前に登録した方へお知らせする制度です。証明書の不正請求を抑止し、不正取得による人権侵害を未然に防止します。

なお、この制度は、第三者から証明書の請求があった際に、交付の可否を登録した方に確認したり、請求者の住所・氏名などをお知らせする制度ではありません。また、通知の対象は登録した方本人の証明書を第三者に交付した場合に限ります。同じ証明書に記載されている方でも、登録をしていなければ対象となりません。

登録は無料です。本人等の代理人や第三者へ住民票や戸籍などが交付されたときに通知を受けたい方は、登録してください。

本人通知制度のフロー図。1.登録者が五島市へ申込、2.第三者(代理人、有資格者)が五島市へ交付請求、3.五島市が第三者へ登録者の証明書を交付、4.交付から30日経過後、登録者へ通知

登録について

登録対象者

五島市に住民登録または戸籍の本籍がある方のうち、登録を希望する方

過去に住民登録、本籍があった方を含みます。国外在住の方、すでに亡くなっている方の分は登録できません。

登録に必要なもの

様式

登録場所

市民課、各支所、各出張所

郵送でも申込できます。詳しくはお問合せください。

様式

第三者とは

住民票の写しは本人と同世帯の方、戸籍や戸籍の附票は戸籍に記載されている方やその配偶者、直系の方は理由なく請求できます。しかし、住民基本台帳法や戸籍法の規定に基づき、代理人や正当な理由がある第三者も請求ができ、交付を受けることができます。

なお、公用(国や地方公共団体からの)請求や疾病の学術研究を目的とした請求は、通知の対象外です。

本人等の代理人

本人等から委任状などにより委任された者による請求

第三者

対象となる証明書

交付にかかる通知書

申し込み後、登録した方の証明書を第三者に交付した場合、交付日から30日後に通知書を登録者の住所へ郵送します。通知書でお知らせする事項は次の通りです。

通知書では、証明書の請求者の氏名や住所等の個人情報は通知されません。

証明書の交付申請書は、五島市個人情報保護条例に基づき、本人が開示請求をすることができます。しかし、開示が認められた場合でも、規定の範囲内での情報が開示されます。請求者の個人情報は原則非開示です。

その他

お問合せ
五島市役所 市民生活部市民課戸籍住基班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6112(直通)
ファックス:0959-74-1375(直通)


ページの先頭へ

一般向け応急手当WEB講習 九州電力 停電情報 五島市内の急速充電器 五島長崎国際トライアスロン大会バラモンキング 家電4品目の「正しい処分」早わかり

五島市立図書館 五島観光歴史資料館 無料相談 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)