くらし

ライフステージで探す
妊娠・出産子育て・教育結婚・離婚高齢者介護引越し・住まい就職・離職病気・事故おくやみ

TOP くらし 環境 古紙の分別方法

古紙の分別方法

「古紙類」のうち、リサイクル可能なものを「雑がみ(オフィスペーパー)」として資源ごみ3で収集します。

「資源ごみ3」分別内容

雑がみ(オフィスペーパー)とは

家庭や事業所から出る紙で、「段ボール」「新聞紙」「紙パック」「本・雑誌、チラシ」以外のリサイクル可能な紙のことです。具体的には、紙箱、封筒・はがき、包装紙、紙袋、ワイシャツ・下着類の台紙(厚紙等)、紙の芯、カレンダー、メモ用紙・コピー用紙などです。

リサイクルできる紙類です。1.段ボール、2.新聞紙、3.紙パック、4.本・雑誌、チラシ、雑がみ(オフィスペーパー)に分けて出してください。

収集方法

紐で十字にしばるか、紙袋に入れて、各地区の「資源ごみ3」の収集日にだしてください。

雑がみ(オフィスペーパー)として出せないもの

次のものは資源ごみ3として出せません。汚れた紙類(ピザの箱、ケーキの箱など)、写真、感熱紙、圧着はがき、粘着物のついた紙、封筒の取り出し口部分の粘着物、両面テープ、ビニールコーティングやアルミコーティングをしている紙、カーボン紙、ノーカーボン紙、臭いのついた紙、合成紙、金箔・銀箔が箔押しされた紙、感熱性発泡紙、昇華転写紙(アイロンプリント用紙、鞄や靴の詰め物)、工作で使用した紙、お絵かきした紙、防水加工された紙

汚れ・臭いのついたもの、カーボン紙・ノーカーボン紙、鞄や靴などの詰め物には特にご注意ください。

紙以外のものは外してください。紙以外のものとは、ファイルの金具、クリップ、ガチャ玉、クリアファイル、クリアフォルダ、輪ゴム、綴じ紐、セロファン、フィルム類、インデックス、付箋、ガムテープ、ビニールテープ、布製品、雑誌付録のCD等です。

リサイクルできる紙を判断するポイント

紙を破ってみて簡単に破れるものはリサイクルできる紙です。簡単に破れない紙や表面のコーティングがフィルム状にはがれた紙はリサイクルできない紙と判断してください。また紙マークがついていてもリサイクルできないものもあります。分別方法を見てもわからないもの、判断がつかないものは燃えるごみに出しても構いません。まずはわかるものから雑がみ・オフィスペーパーリサイクルを始めましょう。

家庭から出る「個人情報等が含まれる紙ごみ」の処理

個人情報部分を黒く塗りつぶして雑がみで出すか、個人情報部分を切り取って、その部分のみ燃やすごみで出してください。

事業所の機密文書処理

事業所の機密文書処理

お問合せ
五島市役所 市民生活部生活環境課環境班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6116(直通)
ファックス:0959-74-1994(代表)


ページの先頭へ

一般向け応急手当WEB講習 九州電力 停電情報 五島市内の急速充電器 五島長崎国際トライアスロン大会バラモンキング 家電4品目の「正しい処分」早わかり

五島市立図書館 五島観光歴史資料館 無料相談 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)