紙ごみの分別方法について


「古紙類」のうち、リサイクル可能なものは「雑がみ(オフィスペーパー)」として資源ごみ3で収集します。

「資源ごみ3」分別内容
新たに「雑がみ(オフィスペーパー)」が追加されました。
(1)段ボール

(2)新聞紙
(3)紙パック
(4)本・雑誌、チラシ、雑がみ(オフィスペーパー)
(5)古布類

雑がみ(オフィスペーパー)とは

家庭や事業所から出る紙で、これまで燃やすごみとして収集していたリサイクル可能な紙(「段ボール」「新聞紙」「紙パック」「本・雑誌・チラシ」に当てはまらないもの)のことです。具体的には、紙箱、封筒・はがき、包装紙、紙袋、ワイシャツ・下着類の台紙(厚紙等)、紙の芯、カレンダー、メモ用紙・コピー用紙などです。
雑がみ(オフィスペーパー) 紙箱、封筒・はがき、包装紙、紙袋、ワイシャツ・下着類の台紙(厚紙等)、紙の芯、カレンダー、メモ用紙・コピー用紙など


収集方法
紐で十字にしばるか、紙袋に入れて、各地区の「資源ごみ3」の収集日に出してください。

雑がみ(オフィスペーパー)として出せないもの
汚れた紙類(ピザ、ケーキの箱など) 、写真、感熱紙(ファックス用紙、レシートなど)、 圧着はがき、粘着物のついた紙、カーボン紙、ノーカーボン紙、防水加工された紙(紙コップ、紙皿、缶ビール6本パックの厚紙)、ビニールコーティングやアルミコーティングをしている紙、臭いのついた紙(石鹸、線香、洗剤の箱など)、金箔・銀箔が箔押しされた紙(酒やお菓子の箱など)、工作で使用した紙・お絵かきした紙、合成紙(屋外用ポスター、商品ラベルなど)、感熱性発泡紙(点字用紙、バースデーカードなど)、昇華転写紙(アイロンプリント用紙、鞄や靴の詰め物)、印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、感光紙、青焼きコピー
※特に、汚れ・臭いのついたもの、カーボン紙・ノーカーボン紙、鞄や靴などの詰め物にはご注意ください。

家庭から出る「個人情報等が含まれる紙ごみ」の出し方
個人情報部分を黒く塗りつぶして雑がみで出すか、個人情報部分を切り取って、その部分のみ燃やすごみで出してください。

事業所の機密文書処理の出し方
詳しくは「事業所の機密文書処理について」をご覧ください。

資源ごみは生まれ変わります
資源ごみは、福江リサイクルセンターで中間処理をしたあと、リサイクル取扱事業者に引き渡され、新たな製品として生まれ変わります。
主なリサイクル
原料 リサイクル後の製品
段ボール 段ボール、封筒など
新聞紙 新聞紙、週刊誌など
紙パック トイレットペーパー
本・雑誌・チラシ・雑がみ ボール箱、絵本など

平成28年度の収集量と売却金額
福江リサイクルセンターに集められた古紙類は、リサイクル取扱事業者へ売却しています。収益は、リサイクル推進に役立てています。
種類 収集量 売却金額
段ボール 485,460キログラム 6,177,574円
新聞紙 100,370キログラム 1,270,541円
紙パック 3,880キログラム 20,952円
本・雑誌・チラシ・雑がみ 238,150キログラム 1,286,010円
合計 827,860キログラム 8,755,077円

お問合せ
五島市役所 市民生活部生活環境課
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6116(直通)
五島市の紹介
特設ページ
お役立ち情報