• TOP
  • くらし
  • 環境
  • セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモにご注意ください
セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモにご注意ください


特定外来生物である「セアカゴケグモ」や「ハイイロゴケグモ」が九州でも確認されています。長崎県内では、平成28年8月に大村市でセアカゴケグモが発見されました。
これらのゴケグモは、車やコンテナなどに付着して生息域を広げ、長崎県内への拡大が懸念されます。もし、セアカゴケグモなどを見つけた場合は、靴で踏みつぶすか、市販の殺虫剤等で駆除し、市または県の機関へご連絡ください。

見分け方・特徴
セアカゴケグモ
成熟したメスの体長は、約0.7~1.0cm。全体が光沢のある黒色で、腹部の背面に目立った赤色の縦条、腹部の腹面に赤色の砂時計型~ひし形の斑紋があります。

ハイイロゴケグモ
成熟したメスの体長は、約0.7~1.0cm。色彩はさまざまで腹部の背面が真っ黒なもの、茶色や灰色を基調として、斑紋をもつものなど変異が多いですが、腹部の腹面に赤色の砂時計型~ひし形の斑紋があります。
セアカゴケグモ…成熟したメスの体長は、約0.7~1.0cm。全体が光沢のある黒色で、腹部の背面に目立った赤色の縦条、腹部の腹面に赤色の砂時計型~ひし形の斑紋があります。 ハイイロゴケグモ…成熟したメスの体長は、約0.7~1.0cm。色彩はさまざまで腹部の背面が真っ黒なもの、茶色や灰色を基調として、斑紋をもつものなど変異が多いですが、腹部の腹面に赤色の砂時計型~ひし形の斑紋があります。 セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモの写真
※画像をクリックすると拡大して表示します。

ゴケグモの生態について
  • 日当たりの良い暖かい場所で、側溝、プランターの底、室外機の裏などに営巣します。
  • おとなしい性格で攻撃性は少なく、積極的に人を襲うことはありません。
  • 毒をもつのはメスのみです。
  • 巣は、きれいな同心円状ではなく、不規則で立体的な形で地面に近いところに作ります。

ゴケグモを発見した時の対応
(1)確認
ゴケグモの特徴をもとに確認してください。

(2)処分・報告
家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を直接噴霧するほか、熱湯をかける、靴で踏みつぶす等の物理的な方法で駆除してください。卵のう(卵が入っている袋)は外皮に覆われており、殺虫剤が効きにくいので、ビニール袋に入れて踏みつぶした上で、殺虫剤を噴霧してください。
駆除後、五島市または長崎県の機関へ連絡してください。

咬まれた時の処置
(1)症状
針で刺されたような痛みを感じます。その後咬まれた部分が腫れ、熱くなります。通常は数時間から数日で症状は回復しますが、重症例では、進行性の筋肉麻痺が生じます。

(2)対応
余分な毒を温水や石鹸水で洗い流し、できるだけ早く医師の治療を受けてください。咬んだクモの種類が分かるように、できれば駆除したクモを病院に持参してください。

その他
ゴケグモに咬まれないように、屋外で作業する場合は、軍手などの手袋を着用してください。
長崎県内のゴケグモの確認状況については、長崎県ホームページ(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

お問合せ・連絡先
五島市役所 市民生活部生活環境課
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号

電話:0959-72-6116

長崎県環境部自然環境課
850-8570 長崎県長崎市江戸町2番13号

電話:095-895-2381

五島振興局総務課
〒853-0007 長崎県五島市福江町7番1号

電話:0959-72-2121

五島市の紹介
特設ページ
お役立ち情報