くらし

ライフステージで探す
妊娠・出産子育て・教育結婚・離婚高齢者介護引越し・住まい就職・離職病気・事故おくやみ

TOP くらし 住まい・財産 大規模な土地取引には届出が必要です

大規模な土地取引には届出が必要です

土地は地域全体の住みやすさや自然環境との調和を考えて適正に利用することが大切です。

国土利用計画法は、乱開発や無秩序な土地利用を防止するために、一定面積以上の大規模な土地の取引をしたときはその利用目的等を届け出て審査を受けることとしています。

国土利用計画法の届出制度には、土地を利用する方々に対し、土地取引という早期の段階から計画に従った適性な土地利用をお願いすることで、快適な生活環境や暮らしやすい地域づくりを推進する役割があります。

届出の必要な土地取引

次の条件を満たす土地売買等の契約を締結した場合には届出が必要です。

取引の携帯

これらの取引の予約である場合も含みます。

取引の規模(面積要件)

  1. 市街化区域…2,000平方メートル以上
  2. 市街化区域を除く都市計画区域…5,000平方メートル以上
  3. 都市計画区域外の区域…10,000平方メートル以上

一団の土地取引(事後届出制の場合)

個々の面積は小さくても、権利取得者(売買の場合であれば買主)が権利を取得する土地の合計が上記面積要件以上の面積となる場合(「買いの一団」といいます)には届出が必要です。

甲さん、乙さん、丙さん、丁さんがそれぞれの土地「い」「ろ」「は」「に」をAさんに売った場合、「い」「ろ」「は」「に」の面積が面積要件以上であれば届出が必要です。

「(い)+(ろ)+(は)+(に)≧面積要件」であれば届出が必要です。

事後届出制の手続きの流れ(注視区域・監視区域以外の土地)

土地取引の契約(予約を含む)をしたときは、権利取得者(売買の場合は買主)が届出をする必要があります。

届出者

土地の権利取得者

届出期限

契約締結日を含めて2週間以内

届出窓口

五島市役所 地域振興部商工雇用政策課

主な届出事項

提出する書類

届出をしないと法律で罰せられます

土地取引の契約(予約を含む)をした日を含めて2週間以内に届出をしなかったり、虚偽の届出をすると、6か月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。

また、注視区域・監視区域(事前届出制)において、届出をせずに契約(予約を含む)をしたり虚偽の届出をした場合も同様に罰せられます。

お問合せ
五島市役所 地域振興部商工雇用政策課
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-7862(直通)
ファックス:0959-74-1994(代表)


ページの先頭へ

一般向け応急手当WEB講習 九州電力 停電情報 五島市内の急速充電器 五島長崎国際トライアスロン大会バラモンキング 家電4品目の「正しい処分」早わかり

五島市立図書館 五島観光歴史資料館 無料相談 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)