くらし

ライフステージで探す
妊娠・出産子育て・教育結婚・離婚高齢者介護引越し・住まい就職・離職病気・事故おくやみ

TOP くらし 教育・文化・スポーツ 文化財の現状変更には許可申請が必要です

文化財の現状変更には許可申請が必要です

指定文化財等を保護するため、文化財の現状を変更する行為や文化財に影響を及ぼす行為をする場合は、事前に許可申請が必要です。

文化財の現状変更について

五島市には「三井楽(みみらくのしま)(国指定名勝)」や「男女群島(国指定天然記念物)」をはじめ、歴史・文化・自然等の正しい理解のため欠くことのできない文化財があります。

これらの指定文化財を保存し保護するため、文化財(史跡・名勝・天然記念物など)になっている建物や土地の「現在の状態を変更する行為(現状変更)」や指定文化財に影響を及ぼす行為をする場合は、事前に文化庁長官又は長崎県教育委員会、五島市教育委員会宛の許可申請が必要です。

許可にはさまざまな条件がありますので、現状を変更する行為を予定している方は、事前に教育委員会生涯学習課へご相談ください。

現状を変更する行為とは

現状を変更する行為(現状変更等)とは、次のような行為です。

ただし、維持の措置又は非常災害のために必要な応急措置をとる場合、保存に影響を及ぼす行為についてはその影響が軽微な場合には、許可は不要です。その判断については五島市教育委員会生涯学習課へお問合せください。

申請手続きの流れ(国指定文化財の場合)

内容によって、文化庁長官の許可が必要なものと、長崎県教育委員会又は五島市教育委員会の許可が必要なものがあります。

文化庁長官許可の場合

文化庁での現状変更等の許可は、文化審議会文化財分科会で決定します。この分科会は、原則として毎月1回開催されます。この分科会で審議するため、文化審議会開催日の1か月前までに、五島市教育委員会生涯学習課へ申請書(3部)の提出が必要です。

許可書が申請者に届くまで、申請書提出からおよそ2~3か月かかります。申請内容や提出の時期については、事前に生涯学習課へお問合せください。

申請の流れ

申請者(申請)→五島市教育委員会→長崎県教育委員会→文化庁長官

許可の流れ

文化庁長官(許可、条件付許可、不許可)→長崎県教育委員会→五島市教育委員会→申請者

五島市教育委員会が許可できるもの

国からの権限移譲により、現状変更の内容によっては五島市教育委員会が許可できるものがあります。許可申請の際に、五島市教育委員会からお知らせします。

長崎県指定文化財、五島市指定文化財の場合の手続については、五島市教育委員会生涯学習課へご相談ください。

申請の流れ

申請者(申請)→五島市教育委員会

許可の流れ

五島市教育委員会(許可、条件付許可、不許可)→申請者

終了報告書の提出

許可された現状変更等が終了したら、速やかに終了報告書を3部提出してください。終了報告書には、現状変更の結果を示す写真、その他参考となる資料を添付してください。

お問合せ
五島市教育委員会生涯学習課
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959‐72‐7800(直通)
ファックス:0959-72-5858(代表)


ページの先頭へ

一般向け応急手当WEB講習 九州電力 停電情報 五島市内の急速充電器 五島長崎国際トライアスロン大会バラモンキング 家電4品目の「正しい処分」早わかり

五島市立図書館 五島観光歴史資料館 無料相談 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)