五島のキビナゴ
2010年06月17日付

第一回
キビナゴってどんな魚?

「五島を訪れたら何を食べたいですか?」という質問をすると、多くの人が「五島うどん」と答えます。確かに日本三大うどんの一つである五島うどんは美味しい。でも、五島は海に囲まれた魚の王国。春夏秋冬、旬の新鮮なお魚がたっぷりと味わえます。その中でもおすすめしたいのが「キビナゴ」。キビナゴは、ウルメイワシ科の魚で体長は10センチほどの小さい魚。本州中部からポリネシア、オーストラリア北岸、アフリカ東岸までの熱帯、亜熱帯地域に広く分布しています。外洋に面した水のきれいな沿岸域を好み、大きな群れを作って回遊します。主に動物プランクトンを食べて成長しますが、アジ、サバ、カツオなどの大型肉食魚や、アジサシ、カツオドリといった鳥たちが天敵。だから大群で移動するんでしょうね。五島では主に刺網漁で漁獲されており、他の産地のものよりも大きく、繊細なアジに特徴があります。旬は秋から冬、多くの食通をうならせています。