五島宮原つばき無限窯、開窯
2014年04月03日付

その1
椿木・高級木炭の生産へ~

4月3日(木)、宮原地区で、五島宮原つばき無限窯の点火が行われました。
五島宮原つばき無限窯は、NPO法人カメリア五島が、地主の協力を得て建設した炭焼き窯。カメリア五島のメンバー7~8人が、およそ3か月かけて準備・建設を行い、3月下旬に完成しました。

<五島宮原つばき無限窯>
■高さ 1.3m~1.7m
■幅  1.7m
■奥行 1.7m

NPO法人カメリア五島は、およそ4年前、椿資源を活用して五島の経済振興を図るために設立されました。
設立以来、椿に関する多方面の学習活動を行ってきましたが、平成25年度から、国の補助金を受けて、山林・特に椿林の再生活動の実践を行っています。今回の炭焼き窯建設も、杉・桧林の間伐材や椿林整備の際の雑木、断幹による椿木の活用などのために設置したもので、椿木の高級木炭の生産につなげる計画です。

ちなみに、椿の炭は、固くて灰が出ないことが特徴。お茶席などの上品な場面で使うのに最適とのこと。


バックナンバー
五島宮原つばき無限窯、開窯 シリーズ