五島のキビナゴ
2010年06月17日付

第二回
おすすめの食べ方と郷土料理

まず、おすすめはなんといっても新鮮な刺身。まず、キビナゴを手開きにしてさっと水洗い。皮を表にして二つ折りにし、皿に盛りつける。菊盛りにすると雰囲気がでますね。これを酢味噌やわさび醤油などでいただきます。そのほか定番の食べ方としては、醤油煮、唐揚げ、南蛮漬けなどがありますが、昭和天皇が行幸されたおり、夕食の一品としてお出ししたところ大変お喜びになり、翌朝にも召し上がられたという田楽もおすすめです。五島らしい食べ方といえばキビナゴのいりやき。「いりやき」とは、材料の魚などを炒(い)ったことから名付けられた醤油ベースの鍋料理。キビナゴのほかにもダイコンや白菜、しめじ、えのき茸など野菜もたっぷりと入っています。キビナゴを煮すぎないよう、少量ずつ入れるのが美味しくいただくポイントです。

関連ページ ながさきの「しま」