五島を世界遺産の島に!2
2016年07月25日付

その2
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」世界遺産推薦候補決定

文化審議会で「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が世界遺産推薦候補になりました
平成28年7月25日(月曜日)、文部科学省の文化審議会世界文化遺産特別委員会が開催され、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が世界遺産の国内推薦候補として選定されました。

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」については、一昨年、日本の世界文化遺産候補としてユネスコへ推薦し、イコモスの現地調査も無事に終了し、登録まであと一歩というところまで来ていましたが、イコモスの中間報告による厳しい指摘により、平成28年2月の推薦取り下げという残念な結果となっていました。

その後、イコモスの公式アドバイスを受けながら、新しいコンセプトでの推薦書見直し作業を進めていました。見直し後の推薦書の内容と、これまで構成資産の所有者や信徒のみなさま方のご理解のもと長崎県や関係市町、そして市民のみなさまと一体となって取り組んできたことが高く評価され、国内推薦了承という結果になりました。本年度の国内推薦正式決定に向けて着実に進展したものと考えています。みなさまのご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。

五島活性化の重要な契機になると考えています。「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が平成30年度に登録されるよう全力を尽くしますので、引き続き、ご支援をお願いします。

※「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」という名称は、イコモス及び文化審議会での指摘を踏まえ、今後変更する可能性があります。詳しくは「長崎の教会群とキリスト教関連遺産概要(PDF)」をご覧ください。
※「旧五輪教会堂」と「江上天主堂」の拝観には長崎の教会群インフォメーションセンターへの事前申込が必要です。詳しくは、「長崎の教会群インフォメーションセンターホームページ」をご覧ください。

今後のスケジュール
平成28年9月頃
世界遺産条約関係省庁連絡会議による推薦決定

平成28年9月末まで
国からユネスコに推薦書(暫定版)を提出

平成29年2月1日まで
国からユネスコに推薦書(正式版)を提出、閣議了解

平成29年秋頃
イコモス(文化遺産の専門機関)の現地調査

平成30年7月頃
世界遺産委員会で、推薦書やイコモス調査報告などを踏まえ最終審査

五島市にある世界遺産候補
  • 久賀島の集落(旧五輪教会堂含む)国選定重要文化的景観(国指定重要文化財含む)
  • 奈留島の江上集落(江上天主堂)国指定重要文化財

お問合せ
五島市市長公室
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話 0959-72-6127(直通)
FAX 0959-74-1994(代表)