よかよか五島百景~嵯峨島~
2011年05月25日付

その1
男岳

三井楽町貝津港から海を隔てて西へ4キロ、
船で20分。
面積約3平方㎞、周囲約12㎞の火山島、嵯峨島。
人口は187人(H23.4月末現在)で
そのほとんどが漁業に従事している。

島の北には標高151.3㍍の臼状火山、男岳がある。
山頂からは、
三井楽・岐宿・玉之浦方面が望めるが、
ここは、その昔、
遠島の刑に処され島に流されてきた罪人が
故郷を懐かしんだ場所。
山頂からの情景のさらに向こう側、
かつての故郷、江戸や京都などに思いを馳せたのだろうか。

男岳の西側には『だっこがし』と呼ばれる断崖絶壁がある。
だっこがしとは、抱いて転がすの意。
罪人をこの断崖絶壁の上から転がして
処刑していたことからこの名が付いた。

周辺マップ