よかよか五島百景~嵯峨島~
2011年05月25日付

その2
島の歴史、そして嵯峨島教会

嵯峨島で唯一の役人の家系・立谷家。
この歴史ある立谷家のご主人、
立谷希利さんに島の歴史について伺った。

嵯峨島はかつて名もなき無人島だった。
そこへ罪人がひとりふたりと流されてきて
人が住み始めた。
ある時、京都・嵯峨の公家が島流しに遭い、
島に定住。この島を嵯峨島と名づけたという。

時代は下り、江戸幕府から迫害された
カトリック信者が大村などから島に逃れてきた。
当時、立谷家は、幕府からキリシタンの取締りも
命ぜられてていたため、
彼らは立谷家から遠い不便な山に集落を作った。
そして島に教会を建て信仰を続けた。


カトリック信者で、島で漁業を営む
川上力さん、田端栄さんによると、
島にはかつて、キリシタン集落が2つあり、
力を合わせて旧嵯峨島教会を建築。
老朽化などにより、大正7年に現在の場所に建て替えた。
材料は玉之浦から艪舟で少しずつ運び、完成までに一年ほど費やしたという。
全盛期には、カトリック信徒が50戸、仏教徒が100戸、人口は300人ほどいたそうだ。

周辺マップ