いざ全国へ!
2017年03月24日付

その2
全国中学校体育大会柔道競技に福江中学校の選手が出場

8月12日(月)、全国中学校体育大会柔道競技大会に出場する福江中学校の選手たちが、野口市長へ表敬訪問のため来庁しました。

訪れたのは、次の7人の選手
☆福江中学校3年 都々木隼人くん(55kg級)※主将
☆福江中学校3年 加賀谷武弘くん(90kg超級)
☆福江中学校3年 寺田亘志くん(81kg級)
☆福江中学校3年 祝裕介くん(73kg級)
☆福江中学校3年 山村博昭くん(60kg級)
☆福江中学校3年 渡博施くん(50kg級)
☆福江中学校2年 田口満明くん(90kg級)

選手たちはそれぞれ、「1戦1戦集中して、ベスト8に入れるように頑張ります」「目の前の試合を大事にして上位に入りたい」「悔いの残らないよう全力を尽くしたい」「強い人たちからしっかり学んできたい」「県代表の自覚を持ってがんばりたい」と抱負を語ってくれました。

選手たちの意気込みを聞いた野口市長は、「まずは、県大会優勝おめでとうございます。非常に厳しい接戦を制して勝ち抜いたことはとてもうれしいです。九州大会では不本意な成績だったかもしれませんが、その屈辱をバネに、より上に、1つでも多く勝てるようがんばってください。そして、君たちが小さいころから育ててくれた先生方への感謝を忘れずに挑んでください。全国大会では、横のつながりを(友達を)多く作ってきてください。」と激励しました。

選手の皆さん、さわやかな“潮風旋風”を巻き起こしてきてくださいね!