よかよか五島百景~島山島~
2011年05月26日付

その2
鬼ヘゴ

島の北部にある浅切湾の奥、
南西に面した斜面に自生していたヘゴは
県指定の天然記念物。

シダの仲間で、
五島列島が自生の北限である貴重な植物。
五島では『鬼ヘゴ』と呼ばれている。

かつては、高さ7m、幹の周囲70cmと、
とてつもなく大きく育っていた。
しかし、現在、その雄姿は見る影もない。
やせ細って濃茶色に変色した幹の残骸が、
ただ静かに横たわるだけ。

その原因は、盗掘や雪害と思われる。

周辺マップ