いざ全国へ!
2017年03月24日付

その5
ソフトテニス全国大会に3人の小学生が出場

平成28年3月29日(火曜日)から3月31日(木曜日)にかけて千葉県長生郡白子町で開催される「第15回全国小学生ソフトテニス大会」へ、「五島ジュニア」の今村香紅那(いまむらここな)さん、松下樹里(まつしたじゅり)さん、吉田杏(よしだあん)さんの3人が出場します。

平成27年12月19日(土曜日)に長崎市の平和公園市営庭球場で開催された「全国小学生ソフトテニス大会長崎県予選会」で、今村さんのペアは優勝、吉田さん、松下さんペアは4位となり、見事全国大会への出場権を獲得しました。
今村さんは諫早市の小学生とペアを組んでいて、試合では前衛。吉田さんと松下さんペアはダブル後衛です。


平成28年3月23日(水曜日)、選手3人と監督の今村さんは五島市役所を訪れ、野口市長へ全国大会への出場を報告しました。
3人は野口市長へ、出場に向けた抱負を元気よく述べました。

今村香紅那さん(福江小学校5年生)
これまで、全国大会へ向けて練習に励んできました。練習通り、自分のプレイを相手に見せつけたいです。声を出して、粘り強く、悔いのない試合をしたいです。

松下樹里さん(福江小学校4年生)
私は身長が低く、大会では私より背が高い子がたくさんいると思いますが、攻めるよりも粘り強い試合で、ペアを信じて頑張りたいです。

吉田杏さん(福江小学校5年生)
練習の成果を発揮して、大会でも頑張ってきたいと思います。