いざ全国へ!
2017年03月24日付

その7
ソフトテニス全国大会に3人の小学生が出場

平成29年3月24日、ソフトテニスの全国大会に出場する五島ジュニアの選手3人と今村監督が市役所を訪れ、出場の報告と抱負を野口市長に語りました。長崎県予選の結果や練習の状況を聞いた野口市長は、「五島市の代表としてがんばってきてください。」と激励。全国大会での3人の活躍が楽しみです。

今村香紅那さん(福江小6年) シングルス6年生の部出場
全国大会は3度目の出場です。これまでは、ダブルスで2人で戦っていたけど、今回ははじめてのシングルス。1人で戦わなければならないので、少し緊張しますが練習どおり声を出して最後まで諦めずにがんばります。

松下樹里さん(福江小5年) ダブルス5年生の部出場
昨年の全国大会では悔しい思いをしたので、今回は練習の成果を発揮して、悔いの残らないようがんばります。

井川歩香さん(福江小4年) ダブルス5年生の部出場
はじめての全国大会に出場です。練習の成果を発揮できるようがんばります。

第16回全国小学生ソフトテニス大会
日時 平成29年3月29日~31日
場所 千葉県白子町
各都道府県の予選を勝ち抜いた、シングルス男女各2名・ダブルス男女各4組が出場