よかよか五島百景~島山島~
2011年05月26日付

その3
謎の石塔

対岸の山裾には、謎が鎮座している。

それは、大日如来をかたどった石の塔。
樹木の陰、静寂に包まれたその場所には、
丸石が敷き詰められ、その中央に1基、
塔がひっそりと建っている。

碑文には「正平十二年」とあるが、
この1357年は南北朝時代、
足利尊氏が亡くなる1年前。
当時、五島は貿易の中継地で栄えており、
倭寇の全盛期。
倭寇で活躍した誰かの墓だろうか?
それとも航海安全を祈願した石碑だろうか?

人煙まれな山の中にこのような立派な塔があるとは、なんとも不思議な話である。

周辺マップ