いざ全国へ!
2017年07月31日付

その8
第14回全国小学生学年別柔道大会出場

五島市から2人の小学生が、平成29年8月20日から北海道で開催される「第14回全国小学生学年別柔道大会」へ出場します。出場する田端さんと中村さんが五島市役所を訪れ、野口市長へ報告と意気込みを述べました。

田端日茉理さん(福江小学校5年生)の意気込み
怪我をしないように頑張って、1回戦を勝ちたいです。技の練習のときに上手くできないところを直していくのは大変ですが、一本を取ったときの気持ちよさが魅力だと思います。

中村繁樹さん(富江小学校6年生)の意気込み
ベスト8以内を目標にしたいです。先生から怒られることはつらいですが、たくさん友達ができたり、自分より重い人に勝てたらスカッとすることが柔道の楽しみです。今の目標はベスト8なので、高校生までに日本制覇を目標にしたいです。

監督 平田さんから2人へのエール
田端さんはねちっこい柔道、中村くんは身体能力の高さが特徴です。2人とも、ぎりぎりで重量級に出られるという体重で、重量級の中でも小さいほうです。先手をとり、相手にチャンスを与えないことが勝つために重要です。体力がない分、受けに回ったら何もせずに負けもありえます。先手先手で、自分の持ち味をすべて出して頑張ってほしいです。

監督 石原さんから2人へのエール
2人とも素直で気持ちがとても熱いです。大会では、強い子がいっぱいいると思いますが、実力を十分発揮して、悔いの残らないよう頑張ってほしいです。