よかよか五島百景~島山島~
2011年05月26日付

その6
簗口瀬戸~玉之浦大橋ができる前~

玉之浦大橋ができる前のこと。

簗口瀬戸は、現在は掘削して深くなっているが、
かつては歩いて渡れるほど浅かった。
引き潮のときは膝くらいの深さしかなく、
子どもたちが学校帰りに歩いて帰れたほど。

満ち潮のときは、
少し玉之浦湾側に入った小浦側の瀬戸から、
島に向かって「お~い」と叫んで、
船を呼んで瀬渡ししてもらっていた。

船は当番制で、
集落のみんなが交代で出していたが、
なかには、玉之浦で夜遅くまでお酒を飲んで、
泳いで島に帰る人もいたらしい(笑)。

手つかずの大自然が数多く残る島山島。
まだまだ何かがありそうだ。

周辺マップ