よかよか五島百景~椛島~
2011年10月28日付

その2
塩どころ

寛文元年(1661年)、
第24代五島盛勝の叔父盛清が
後見役の功労により3千石の領地を与えられ、
富江領の初代領主となった。
この時、五島領内の56の村のうち、
20の村を選んで富江領としたが、
その中に椛島が含まれていた。
椛島を選んだ目的は、豊かな漁場と、
薪や炭の材料となる生い茂った樹木、
そして塩窯の存在ではないかと考えられている。

江戸時代、椛島では多くの人が
「窯百姓」として塩の製造に関わっていた。
当時は、15戸を1つの単位として塩窯を構成し、
12人の窯主が統治していた。
この頃、椛島は塩で年貢を納めており、
北椛島・南椛島でそれぞれ1俵ずつ上納していたそうだ。

伊福貴地区にお住まいの川上弥久美さんによると、
本窯地区にある先ノ組・中ノ組・村ノ組、
伊福貴地区にある先聿・中聿・向聿という地名は、
塩窯の名前の名残ではないかといわれている。

周辺マップ