よかよか五島百景~椛島~
2011年10月28日付

その3
イワシ景気

椛島は昔から漁業が盛んで、
かつてはマグロ網代、鰤飼付漁場、
鰹節製造工場があった。

昭和23年(1948年)から数年間は、
イワシが大量に獲れた。
好景気につられて各地から
たくさんの船団や漁夫がやってきて、
伊福貴・本窯は五島でも指折りの
漁業基地となった。
さらに戦地に赴いた島の若者たちも
ぞくぞくと復員し、島の人口は
4000人近くにふくれあがったという。

しかし、昭和25年(1950年)をすぎると
魚群の移動か乱獲からか漁獲は減り、
昭和30年(1955年)にイワシブームは去った。
その後、一本釣りや高級魚の延縄漁を主とする沿岸漁業と
ハマチの養殖が行われていたが、
現在では、ハマチの養殖も過去のものとなっている。

周辺マップ