日本初 海に浮かぶ発電所 Part1
2012年06月11日付

その2
なぜ洋上風力発電?どうして浮体式?何で椛島?

温室効果ガスの排出を削減するため、
世界各地でエコエネルギーの導入の
動きがさかんになっています。
そんな中、日本は、洋上風力発電に
大きな期待を寄せています。
なぜなら、日本は、排他的経済水域の
面積が世界第6位の海洋国。
洋上には風力発電の大きな可能性が
眠っているからです。
洋上は風が強く、風速の変動も少ないため、
安定的で効率的な発電が見込まれています。

洋上風力発電のうち、
水深が浅い海域には着床式が適していますが、
より効率的な発電ができると思われる
深い水深の海域に対応するためには、
浮体式を採用する必要があります。
しかし、浮体式洋上風力発電は世界的にも実証段階で、
日本での導入事例もありません。

このため、環境省では、我が国初となる2MW級の
浮体式洋上風力発電実証機1機の設置をめざして
平成22年度から事業を始めていて、
受託者グループ(代表:戸田建設株式会社)は、
これまでに候補海域の選定、環境影響調査や
風力発電施設の設計・建造・設置の検討を行ってきました。

今回の小規模試験機の設置は、
環境への影響や安全性についての情報を集めたり、
浮体の揺れが設計どおりになっているか、
計画どおりに発電できるかなどを検証することが目的。
その成果を、平成25年度の実証機建造や風車制御に反映させる予定です。

なお、椛島周辺海域は、
年平均風速7.5m/s(海上60m)が見込める一方、
波高1m以下の出現頻度が年間約89%と穏やかであるため、
洋上風力発電に適しているとの判断で、設置場所に選定されました。

(参考:環境省浮体岸洋上風力発電実証事業受託者グループ 6月9日報道資料)

周辺マップ