潮流発電

はえんかぜ 幸せエネルギー

潮流発電とは実証フィールド(日本版EMEC) | 五島市提案海域 | 環境省 潮流発電技術実用化推進事業

潮流発電とは

潮流発電は、潮流の運動エネルギーを利用し、一般的には水車によって回転エネルギーに変換して発電する方式です。

潮流は、月と太陽の引力で生じる周期的な変動である「潮汐」によって起こる水平方向の流れであり、潮の干満によって規則的に流れるため、 発電に利用する場合には予測が可能であり、信頼性の高いエネルギー源となります。流速に対する地形の影響が大きく、海峡や水道など流路の幅が狭い 地点では流速が速くなります。なお、潮の干満差の位置エネルギーを使った発電は「潮汐力発電」と定義され、潮流発電とは区別されます。

実証フィールド整備事業(日本版EMEC)

「海洋再生可能エネルギー利用促進に関する今後の取り組み方針」について

(内閣官房 総合海洋政策本部 平成24年5月25日)

海洋再生可能エネルギー利用の重要性

日本周辺海域の再生可能エネルギーには陸上以上のポテンシャルがあり、それらを利用した発電技術の早期実用化が重要。

【政府の施策】「実証フィールド」の整備

実証実験の海域を提供する「実証フィールド」を、公募により選定し、順次、整備。

対象:浮体式洋上風力発電、波力、潮流、海洋温度差、海流

海洋産業の国際競争力強化、関連産業の集積による海域経済活性化に貢献するため、地方公共団体とも連携して整備に取り組む。

平成25年3月12日 国が要件等を公表

平成26年2月  都道府県の申請期限

平成26年3月  国が実証フィールドを選定

五島市提案海域

平成25年8月 五島市提案が県の候補海域に選定されました。

潮流発電

  1. 奈留瀬戸
  2. 田ノ浦瀬戸

浮体式洋上風力発電

  1. 椛島沖

環境省 潮流発電技術実用化推進事業

五島市奈留島の沖合いで、潮流発電のプロジェクトが進んでいます。

潮流発電を実施する海域は、奈留島と久賀島の間にある奈留瀬戸。ここでは、およそ1.3キロメートルの海峡に強い潮流が発生します。

一般に、潮流発電には秒速1メートル(2ノット)の流速が必要ですが、奈留瀬戸は、秒速3メートル(6ノット)を超えています。このため、国から、海洋再生可能エネルギーの実証フィールドに選定されました。

動画(Youtubeへジャンプします)

ページの先頭へ

広告掲載募集中 広告掲載募集中 広告掲載募集中 広告掲載募集中 広告掲載募集中

五島市役所
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6111(代表) ファックス:0959-74-1994 開庁時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~翌年1月3日を除く)