常設展示2F「五島の歴史・文化・信仰」
五島観光歴史資料館
 ご利用案内 常設展示1F 常設展示2F 常設展示3F 観覧料減免申請書

ごとりん【五島のあけぼの】
遺跡
[五島の遺跡]
 
五島列島に人が住むようになったのは、旧石器時代、今からおよそ2万年あまり前からと言われています。五島の遺跡からは、縄文草創期~晩期、弥生・古墳時代の石器、土器、自然遺物が多く発見され、遺跡は150か所余りに及んでいます。
 五島で確認されている遺跡は、どこも海辺で、しかも山に近く、海の幸、山の幸に恵まれたところです。
 自然遺物には、貝類、鳥、鯨、いのしし、鹿、木の実などが多く出土し、自然の食べ物に恵まれた豊かな生活を送っていたことが分かります。
大浜地区中島遺跡 
[ドングリピット]
 
昭和60年、大浜地区の中島遺跡で直径1m、深さ80cmの竪穴が11基発見されました。中には、ドングリなどが詰められており、デンプンを取る施設が縄文前期から弥生中期にかけて既に作られていました。
ページ上部へ戻る
ごとりん【遣唐使と倭寇】
 遣唐使
[遣唐使]
 西暦607年(推古15年)摂政であった聖徳太子は「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す恙無き也」の有名な国書を隋に送り、修交を求めました。遣隋使の始まりです。
 しかし、遣隋使の派遣は4回に止まり、その後の唐に、630年(舒明2年)遣唐使を派遣するようになりました。
 18回計画され、そのなかで五島に立ち寄ったのは第14、15、16、17回の4回です。804年(延暦23年)第16次遣唐使船には、最澄、空海も乗船しており五島各地に足跡を残しています。
ページ上部へ戻る
ごとりん【五島の寺社仏閣】
 仏教文化
[仏教文化]
 西暦538年に日本に仏教が伝来してから160年余り後、五島の寺院として大宝寺が中国僧「道融」によって701年(大宝元年)に開創されました。
 以来、仏教の広まりとともに五島各地に寺院が建立され、現在五島には50ヵ寺あります。
 宗教活動の展開にともない、建造物、仏教、仏画など多くの仏教美術品がみられるようになりました。特に、真言密教関連の作品はもっとも多いうえ、五島の仏教美術の質の高さを物語っています。
ページ上部へ戻る
ごとりん【五島藩の形成】
旧五島藩主「五島家」
[旧五島藩主「五島家」]
 五島家の始祖は、源平の乱を避けて五島列島北端の宇久島にきて領主となった家盛公と伝えられています。
 第4代進公の時には、五島全島を平定し、第20代純玄公が朝鮮出兵の時に宇久姓を五島姓に改めます。
 内乱、朝鮮の役、密貿易、キリスト教伝来、福江城築城、異国船警備と波乱に満ちた五島藩の治世も、明治維新によって藩政奉還になり第31代盛徳公で終わりを告げます。
 その後、第32代盛主公は子爵を授けられます。現在は、第35代五島典昭氏によって「五島家」は継承されます。
ページ上部へ戻る
ごとりん【五島藩富江領】
五島富江領
[富江領]
 西暦1661年(寛文元年)、当時の五島藩主24第盛勝の叔父(23代盛次の弟)五島盛清が初代領主となり20ヵ村、禄高3千高をもって分藩し、旗本領として独立しました。
 富江領主使用の衣服や扇子、盃など領主ゆかりの物が旧富江町に寄贈され保存されています。
ページ上部へ戻る
ごとりん【伊能忠敬】
 伊能忠敬
[伊能忠敬の五島測量の足跡]
 1813年(文化10年)5月3日に宇久島に着いてから8月2日に福江島を離れるまで五島列島を測量しています。その測量中であった7月15日に伊能忠敬の高弟であった坂部貞兵衛が福江で病死しています。資料館には坂部が伊能忠敬に宛てた最後の書簡が展示されています。 
ページ上部へ戻る
ごとりん【大野きゆう】
大野きゆう
[五島俳句界の偉人]
 
大野きゆうは高濱虚子に師事し、俳句雑誌『ホトトギス』には生涯で約240句が入選しました。
 

 
ページ上部へ戻る