ホーム > 五島市ふるさと大使 > 岡本 登美子さん

ふるさと大使となったきっかけや大使としての活動内容
 講演会やテレビ出演など様々なメディアを通した幅広い母子支援活動の中で五島の魅力をPRをしている。
 国内の育児雑誌をはじめ、台湾の育児雑誌の創刊号にも専門家として掲載されている。


メッセージ
 20年前に五島を離れました。以前は久米産婦人科に勤めておりました。五島で働いていた頃が本当に懐かしいです。
 椛島、赤島、黄島へボートで診療にいっておりました。そして赤ちゃんやお母さんをセスナ機で搬送していました。今、川崎市で助産院と保育園をやっていけているのは、このような経験があったからです。そしてそれを支えてくださったのは五島の皆様方です。
 健全な子どもを育てていくそのためには女性の力が本当に大きなものだと思います。女性の子どもを産み育てられる素晴らしさ、その子ども達はいつか五島に帰ってきます。
 五島の子ども達にもお役に立ちたいと思い、島内の高校で性教育の講演をしました。
 今後ともよろしくお願いします。

会社URL
 http://www.upa2-midwifery.com/