わたしたちの五島市
トップページ > 8.五島市が生んだ先人 > 8-2.郷土出身の偉人たち > (1) 藤原九十郎
郷土の発展につくした先人たち
すすむ
もどる

ふじわら くじゅうろう
藤原九十郎は、明治26年(1894)、久賀村に生まれました。明治44 年に五島中学校を卒業した後、長崎医学専門学校(現在の長崎大学医学部)で学び、大正4年(1916)に卒業しました。大正6年、京都大学の病院の医者になり、大正10年には早くも医学博士になりました。九十郎は、特に公害の研究に取り組み、煙の害の研究や水のよごれの研究、騒音の研究に力を入れ、日本の公害研究のパイオニアとして有名になりました。その後、九十郎は大学病院をやめ、大阪市の人々の健康をまもる保健局長となり、日本で初めて保健所をつくりました。

 
郷土の発展につくした先人たち 五島市が生んだ先人 TOPへ トップへ