わたしたちの五島市
トップページ > 8.五島市が生んだ先人 > 8-2.郷土出身の偉人たち > (3) 久保勘一
郷土の発展につくした先人たち
すすむ
もどる

くぼ かんいち
明治43年9月25日、三井楽村浜ノ畔ごう(はまのくりごう)に生まれました。
昭和25年県会議員せんきょで当選し、県議会議長もつとめました。その後、参議院議員せんきょに当選し、国会議員になりました。昭和45年参議院議員をやめ、長崎県知事に立 候補(りっこうほ)、当選しました。12年の長い間、県の政治をとりしきり、世界初の海上空港(長崎空港)や平戸大橋のかんせい、り島道路・空路の整び、石油びちくなどに 力をつくしました。
旧三井楽町は、昭和55年町制40周年を記念して彼に「名誉(めいよ)町民賞」をお くり、その像をたてています。
久保勘一像(多目的研修施設)

 
郷土の発展につくした先人たち 五島市が生んだ先人 TOPへ トップへ