わたしたちの五島市
トップページ > 9.わたしたちの長崎県 > 9-1.長崎県と五島市
長崎県と五島市
すすむ
もどる

長崎県は、地図でもわかるように九州の西のはしにあります。
(赤く光っているのが私たちの住む五島市です)
問題:下の(    )に入る数字を予想してみよう
(1)陸地の面積は約(4100)Km2です。
(2)およそ(600)の島があります。
(3)そのうち(70)ほどの島に人が生活しています。
(4)長崎県の海岸線の長さは約(4191)Kmです。
全国でも第()位の長さがあります。
ヒント:長崎県と北海道を往復できる距離です
(5)漁港の数は全国で第()位です。(平成17年)
(6)漁船の数は全国で第()位です。(平成16年)
(7)漁業にたずさわっている人の数は全国で第()位です。(平成15年)
(8)長崎県内には大小(220)あまりの造船所があります。
問題:下の(    )に入る数字を予想してみよう
(1)五島市の島の数は(63)です。
(2)人が住んでいる島の数は(11)です。
(3)五島市の面積は約(420)Km2です。
(4)五島市の人口は約(44000)人です。(平成20年)
(5)一年間の平均気温は(16.3)℃です。
(6)一日に一人が出すゴミの重さは(948)gです。
(7)(2.3)日に一組の新婚カップルが誕生しています。
(8)一番高い山の高さは(461)mです。
(9)一番長い川の長さは(15.3)Kmです。
(10)五島市は長崎市から約(100)Km離れています。
地図
「(    )をマウスでドラッグすると答えがうかびあがるのじゃ。さて、君の予想はどのくらい当たっていたじゃろうか・・・・?」 頂点
バラモンじぃ
カイ君 つばきちゃん
左上コーナー 頂点 右上コーナー
他の数字も調べてみると、いろいろなことがわかりそうだね
左下コーナー 右下コーナー
左上コーナー 頂点 右上コーナー
数字で見るとわかりやすいね
左下コーナー 右下コーナー
ツバキちゃんや海君が言うように、数字を使って表すことで、長崎県や五島市のようすがくわしくわかるようになったね。きみなら他にどんな数字を調べてみるかな?たとえば・・・・・ 魚の水揚げ量・造船の売上・一番背の高い建物・牛肉の生産量・県庁や市役所で働く人の数・学校や児童生徒数・・・・・ 長崎県や五島市を表す数はまだまだありそうですね。それから、数で表すと昔と今を比べることもできそうです。
次は、君が考えた『数字で見るクイズ』をみんなにといてもらおう!

 
トップへ