わたしたちの五島市
トップページ > 9.わたしたちの長崎県 > 9-2.長崎県のひろがり
長崎県のひろがり
すすむ
もどる

長崎県のはしっこはここ!
東の端っこ・・・島原市
西の端っこ・・・五島市肥前鳥島
南の端っこ・・・五島市女島
北の端っこ・・・対馬市上対馬町
長崎県は大きく広がっている!
左の地図の赤い線は、長崎県の端っこをむすんだものです。陸地の面積ではそれほど広い県ではありません。でも、赤い線を九州にかぶせたことを想像してみてください。長崎県の広がりが、九州をすっぽりおおってしまうことがわかるでしょう。
この広がりが、ひとつの県でありながら、多くの違った生活や特徴のある文化をはぐくんできた理由のひとつかもしれませんね。
大陸も近い!
長崎県は日本列島の西のはしにありますが、そのおかげで中国・朝鮮と近い距離にあります。
対馬から韓国釜山(プサン)までの距離はわずか49.5Km。中国上海(シャンハイ)までは850Km・・・・数字だけだと遠く感じるかもしれませんが、長崎から東京までが967Kmということと比べると、大陸に近い位置にあることがわかりますね。
船だけが大陸との交通手段だった時代。長崎は大陸文化の日本の入口として大きな役割をはたした歴史があります。調べてみるとおもしろいことが見つかりそうですね。
地図
左下コーナー 右下コーナー
地図を見ただけでは、日本のはしっこの小さな県に見えるのじゃが、大陸文化を日本に伝える大切なはたらきもしてきたのじゃ。それに、五島市には遣唐使に関係する歴史がたくさんある。ここから先は、みんなが調べてくれるとうれしいのう・・・・
左上コーナー 頂点 右上コーナー
バラモンじぃ
左下コーナー 右下コーナー
調べてみようか
左上コーナー 頂点 右上コーナー
カイ君,つばきちゃん

 
トップへ