わたしたちの五島市
トップページ > 9.わたしたちの長崎県 > 9-3.長崎県のすがた > (1)長崎県のシンボル
長崎県のすがた
すすむ
もどる

長崎県のシンボル
今の長崎県のシンボルマークは、平成3年4月から使われるようになりました。
長崎を英語で表したときの最初の文字【N】と、平和のシンボル【ハト】からできています。また、中央の円は地球で、長崎県の【国際性】を表しています。青色は、長崎県の【青い空と海】を表しています。
県の花は【雲仙ツツジ】
雲仙に多いミヤマキリシマを、雲仙ツツジと呼んで大切にしてきました。国の天然記念物にも指定されています。
県の花木は【ツバキ】
ツバキは、長崎県内に広く見られます。特に、五島つばきは全国的に有名です。みなさんも、家の近くを散歩して回るだけで、ツバキの赤い花を目にしたことがあると思います。
県の林木【ヒノキ】
県内でもっとも多く植林されている木です。
県民獣【九州シカ】
五島に多く生息しています。五島市内では玉之浦町の島山島に行くと会うことができます。(注意:かわいい動物ですが、むやみに食べ物をあげたりさわったりしないでください)
県民鳥【オシドリ】
長崎県では秋から冬にかけて見られる鳥です。おすは独特の羽毛で飾られ、数ある日本の鳥の中でも最も美しい鳥の一つです。

 
長崎県のすがた トップへ