文字サイズ:

世界遺産の島 五島

HOME > 知る
「知る」

長崎と天草地方の
潜伏キリシタン関連遺産

教会を訪れる際のマナー
世界遺産とは
世界遺産登録までの歩み
教会を訪れる際のマナー
新着情報
お問い合わせ

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産とは

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、17世紀から19世紀までの2世紀以上にわたるキリスト教禁教政策の下で、晦日に信仰を伝えた潜伏キリシタンの歴史を物語る世界にも類をみない貴重な遺産である。
 本資産は、日本の最西端に位置する離島を含む辺境の地において、潜伏キリシタンがどのようにして既存の社会・宗教と共生しつつ信仰を継続していったのか、そして近代に入り禁教が解かれた後、どのようにして変容し終焉を迎えていったのかを12の構成資産から示している。
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 マップ 原城跡 平戸の聖地と集落(中江ノ島) 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳) 天草の崎津集落 外海の出津集落 外海の大野集落 黒島の集落 野崎島の集落跡 頭ヶ島の集落 大浦天主堂 久賀島集落 奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)