新着情報

世界遺産推薦取り下げに関する市長コメント

(2016/02/09)

本日2月9日、政府発表が行われ、世界文化遺産登録を目指し、昨年ユネスコに推薦しておりました「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」につきましては、ユネスコの諮問機関であるイコモスからの中間報告が大変厳しいものとなっており、推薦を取り下げる旨の政府方針が閣議了解されました。
最短で登録を目指す場合、一旦取り下げてあらためて推薦することが必要と判断したためでございます。
これまで五島市が、長崎県、熊本県及び関係市町と取り組んできた「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」につきましては、昨年にユネスコへ推薦書が提出され、昨年秋に実施されたイコモスの現地調査も終了し、登録まであと一歩というところまで来ておりましたが、大変残念な結果となってしまい、誠に申し訳なく思っております。
しかし、登録までの期間が少しばかり延びることになりますが、200年以上の長きにわたる禁教・迫害期に信仰を守ってこられた先人のご苦労を思えば、必ずや乗り越えられるものと思っております。
市といたしましては、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の登録実現に向けて、あらためて信徒の皆様、地域の皆様のご理解を賜りながら、引き続き国・県や関係市町及び県選出の国会議員の皆様方をはじめ、市議会や関係各団体の皆様のお力添えをいただきながら、全力を尽くしてまいります。
五島市長
野口 市太郎