文字サイズ:

世界遺産の島 五島

HOME > 見る > 玉之浦教会
「見る」

ようこそ 五島の教会へ
下五島の教会

教会を訪れる際のマナー
世界遺産とは
世界遺産登録までの歩み
教会を訪れる際のマナー
新着情報
お問い合わせ

 玉之浦教会

【たまのうらきょうかい】
玉之浦教会
 玉之浦(たまのうら)では当初この地区に多く見られた2階建ての信徒宅の、2階部分でミサが捧げられていました。同じ場所に、周辺の集落から転居してきた人なども含めたこの地区の信徒たちによって、1962年(昭和37年)に建てられたのが現在の玉之浦教会です。
 玉之浦教会は、絶景の地、大瀬崎(おおせざき)断崖(灯台)と日本最古のルルドのある井持浦(いもちうら)教会からほど近い玉之浦町の中心地に位置しています。波静かな海辺に面し、民家の立ち並ぶ一角にある教会で、切妻屋根に玄関を付加した素朴な造りです。内部は小規模ながら祭壇と信徒席とが調和し、落ち着いた祈りの空間になっています。尖塔、十字架、そして白い壁の小さな教会は、遠目にもくっきりと映え、まわりの風景にしっくりなじんで、どこかなつかしい童話の世界を感じさせます。
アクセス 福江港、福江空港からいずれも車で65分
ミサの日 〈第1水曜日、第3水曜日〉17時
開閉(鍵) 通常は開いています
拝観可能時間 9時~17時
その他 駐車場 無、トイレ 有
昭和37年(1962年)建立
教会の保護者:聖フランシスコ・ザビエル
〒853-0411
長崎県五島市玉之浦町玉之浦622‐1
Google Map
  • 玉之浦教会 地図
  • 玉之浦教会の様子
  • 玉之浦教会の様子
  • 玉之浦教会の様子