文字サイズ:

世界遺産の島 五島

HOME > 訪れる > 奈留島の見どころ
「訪れる」

長崎と天草地方の
潜伏キリシタン関連遺産

教会を訪れる際のマナー
世界遺産とは
世界遺産登録までの歩み
教会を訪れる際のマナー
新着情報
お問い合わせ

奈留島の見どころ

奈留島マップ

奈留島マップ 江上天主堂 前島のトンボロ 千畳敷(舅ヶ島海水浴場) 城岳展望所 ユーミンの歌碑 笠松宏有記念館 宮の浜海水浴場(宮の森総合公園キャンプ場) ビーチロック ハマジンチョウ
江上天主堂
  • 江上(えがみ)天主堂の歴史は、1881年(明治14年)3月に潜伏キリシタンの4家族が洗礼を受けたことにはじまります。かれらの先祖は、江戸時代末期に大村藩領(現在の長崎市外海(そとめ)方面)から移住してきたのでした。そのころ江上地区には教会がなかったため、信徒の家でミサがおこなわれていましたが、1906年(明治39年)、現在地(奈留(なる)町大串1131)に簡素な教会が建てられました。
    本格的な教会が建築着工されたのは、1917年(大正6年)でした。当時の信徒は40~50戸でしたが、各地で教会建築をしていた鉄川与助に設計施工を依頼し、信徒たちはタブの木を伐りはらって敷地を造成しました。建築資金はすべて、キビナゴの地引網(じびきあみ)で得た収入などを出しあい、翌1918年(大正7年)3月に完成させました。
    江上天主堂を訪ねると、緑の木々の間からのぞく白い壁、窓がブルーの外観からは愛らしい印象を受けます。建物の構造は、湿気を避けるために床を高くし、柱には手描きの木目模様、窓には花を描いた透明ガラスを工夫していることなどが特徴です。内部は本格的な立面構成の三廊式になっており、リブ・ヴォールト天井(蝙蝠(こうもり)天井)の美しい曲線が、人々の祈りの空間をあたたかく包んでいます。
    この教会は、わが国における木造の教会のうち、完成度の高い作品として歴史的価値に優れ、小規模ながら教会建築の名工鉄川与助の代表作としても重要であり、2008年(平成20年)6月9日、国の重要文化財に指定されました。
  • 交通/奈留港から車で20分
  • お問合せ/長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター 電話:095-823-7650
江上天主堂外観
江上天主堂内観
前島のトンボロ
  • 奈留瀬戸の激しい潮のながれにより小石が堆積してできたもので、満潮時には見えませんが、干潮になると前島と末津島が陸続きとなり、美しい景観に変わります。学術的にみても大変価値のあるものです。
  • 交通/奈留島港から船で10分、前島港下船後、さらに徒歩15分
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
前島のトンボロ
千畳敷(舅ヶ島海水浴場)
  • 奈留島の絶景ポイントのひとつ。畳千枚ほど敷ける広さを誇る「千畳敷」。
    海辺の玉砂利は磨かれて宝石のように美しく、ザザーッという静かな波の音がとても心地よくしてくれます。シャワー、トイレも整備されており、夏には海水浴場としても利用できます。
  • 交通/奈留島港から車で10分
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
千畳敷
舅ヶ島海水浴場
城岳展望所
  • 中世に奈留氏が山頂に城を構えた「城岳」。駐車場から遊歩道を登って3分くらいのところにある展望台からは、上五島の一部や久賀島、福江島まで見渡せます。奈留島で一番良く見渡せる場所です。
  • 交通/奈留島港から車で15分
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
城岳展望所からの眺め
ユーミンの歌碑
  • 「奈留高校」が分校であった時代、自分たちの校歌が欲しいという想いから、奈留高校の女子生徒が送った一通の手紙。ユーミン(松任谷由美さん)が作詞・作曲して誕生した名曲「瞳を閉じて」は、現在、奈留高校の愛唱歌となっています。高校の敷地内にある歌碑には、ユーミンの直筆の歌詞が刻まれています。
  • 交通/奈留島港から車で約10分
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
ユーミンの歌碑
笠松宏有記念館
  • 笠松宏有記念館は、旧船廻小学校を改修して、奈留島出身の画家・笠松宏有氏の絵画を展示した美術館です。この記念館は、「五島の海」「キリシタン」「戦争と平和」などをテーマに描かれた作品約30点が展示されています。
  • 交通/奈留港から車で15分
  • 入館料/大人100円、学生50円
  • 休館日/月曜日・水曜日・12月29日から1月3日
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
笠松宏有記念館
宮の浜海水浴場(宮の森総合公園キャンプ場)
  • 小さな玉砂利の浜辺は、どこまでも青く澄み渡っていて、眺めるだけでも心癒されます。シャワー室・トイレ完備で、夏は多くの観光客、帰省客で賑わいます。徒歩10分のところに、大自然を満喫できる「宮の森総合公園キャンプ場」もあり、本格的なログハウスのほか、バンガロー、大浴場、バーベキュー施設も備えています。
  • 交通/奈留港から車で15分
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
         宮の森総合公園内管理棟 電話:0959-64-4898
宮の浜海水浴場
宮の森総合公園キャンプ場
ビーチロック
  • 大串池塚(ラグーン)海岸のビーチロックは、砂や礫が可溶性の珪酸(けいさん)と炭酸石灰質物で堅くセメント化されて、幾層にもかたまったもので、ビーチロックの中からは、縄文時代前期の曽畑(そはた)式土器が発見されました。
  • 交通/奈留港から車で30分
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
ビーチロック
ハマジンチョウ
  • 奈留島に生育するハマジンチョウの特徴とし、群生地が海岸ではなく海跡湖の岸に80mにわたって群落をなしており、環境の高い自然度である。いずれの点からも我国第一級のハマジンチョウの群落であり、平成元年に県指定となっています。
  • 交通/奈留港から車で30分
  • お問合せ/奈留インフォメーションセンター 電話:0959-64-3383
ハマジンチョウ
福江-久賀島-奈留島を結ぶ旅行商品
~世界遺産構成資産(五島市)の着地型旅行商品紹介~
五島列島キリシタン物語~久賀島・奈留島編~
  • 五島市の世界遺産構成資産である「久賀島の集落」と「奈留島の江上集落」を結ぶ旅行商品はこちら。午前発・午後発で都合に合わせて選べます!

    観光協会はこちら
    五島列島キリシタン物語HP