ホーム > 椿特区

五島は椿の島

※「椿による五島列島活性化特区」は、平成24年7月25日に地域活性化総合特区に指定され、平成25年3月29日に総合特区計画が認定されました。平成24年度から平成28年度までの5年間、特区を活用した椿振興に取り組みました。この特区は期間満了に伴い平成29年3月27日に終了しました。


七岳からの風景
七岳からの風景

①経営耕地面積 ②耕作放棄地面積
(H22全体調査)
③全農地(①+②) ④耕作放棄地率(②/③)
五島市 3,273 2,039 5,312 38.4%
新上五島町 41 802 843 95.1%
3,314 2,841 6,155 46.2%

※荒廃農地を含む              

地域資源「椿」

■椿の本数は約900万本と日本一を誇る規模
⇒作業環境の未整備、採取者の高齢化、土地の所有が相続等によって不明瞭になる等の問題により利用率は1.4%
■自生椿林実態調査により約550haの混交率の高い優良な椿林を確認
■椿油の生産量は、東京都と1位を争っており、 五島市は過去10年間で4度の日本一
⇒豊凶の差があるため、生産量が安定しない
※混交率とは、2種以上の樹種が混在する森林における特定の樹種の占める割合

取組と目標

自生椿林の環境保全と活用促進



【取組目標】 ●自生椿林の利用率 1.4%⇒7%
○椿林内への作業道・運搬道整備
○椿林の改良・保全
○椿実採集体制の整備


カタシ 椿の実「カタシ」



 

耕作放棄地の解消と椿林の拡大



【取組目標】 ●耕作放棄地への椿苗木植栽 40ha⇒155ha
○椿苗木植栽体制の整備
○耕作放棄地への椿苗木植栽


耕作放棄地 耕作放棄地



 

椿を活用した新たな商品開発と販路拡大



【取組目標】 ●椿油の売上額 1.2億円⇒6億円、また、椿関連商品の売上額 0.26億円⇒0.6億円
○椿油や椿材・椿葉を活用した新商品の開発促進
○椿の島「五島」の情報発信


椿油 椿油