コンテンツにジャンプ
五島市の再生可能エネルギー情報

Foreign Language

世界首長誓約/日本における五島市気候エネルギー行動計画の策定について

更新日:2020年9月17日

持続可能な開発目標7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

気候変動対策へ先進的に取り組む世界の自治体の首長が、パリ協定の目標達成への貢献等を誓約することにより、世界的な気候変動の取り組みを加速させる都市間連携組織である「世界気候エネルギー首長誓約」の下、持続可能な低炭素社会の実現に向けた温暖化対策を推進するための計画である「五島市気候エネルギー行動計画」を策定しました。

平成30年8月から日本における地域首長誓約である「世界首長誓約/日本」(日本事務局:名古屋大学)の加盟受付が開始され、五島市は全国で3番目、九州ではじめてとなる平成30年8月1日に世界首長誓約に署名・登録を行いました。(現在の誓約自治体:23) 

誓約事項

  1. 持続可能なエネルギー(エネルギーの地産地消など)を推進します。 
  2. 2030年(R12年)の温室効果ガス排出量は国の削減目標(26%)以上の削減を目指します。 
  3. 気候変動の影響などへの適応・レジリエント(強靭性)の向上を目指します。

温暖化問題を自分のこととして認識していただき、一人一人がこれまでのライフスタイルを見直して、自主的に温暖化対策を実践することが求められています。

次の世代に五島の豊かな自然環境を引き継いでいくため、みんなで一緒に温暖化対策に取り組んでいきましょう。 

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。