コンテンツにジャンプ
五島市移住定住促進サイト五島やけんよか
soudankai.png

移住までの流れ

更新日:2021年4月27日

目次

STEP1 移住の目的を考える
STEP2 移住先の条件をリストアップする
STEP3 五島市の情報収集をする
STEP4 移住の計画を立てる
STEP5 五島市を下見する
STEP6 物件情報を見る
STEP7 求人情報を見る
STEP8 移住の手続きをする
STEP9 五島市で暮らす
移住のために必要なこと1 資金を貯める
移住のために必要なこと2 免許を取る

移住までの流れ


STEP1移住の目的を考える

移住したいと思っている方は、今の環境を変えたいと思っている人がほとんど。そして、その理由は十人十色です。まずは、自分自身がなぜ移住したいと思ったのか、どんな場所で、どんな暮らしがしたいのかを考えましょう。

  • ワンポイントアドバイス
    夫婦や家族で移住する場合は、ここでしっかりと話し合うことが大切です。みんなで同じ目的を持つことが、楽しい移住生活につながります。
  • お役立ちツール
    移住者の声


STEP2.移住先の条件をリストアップする

「一軒家」、「ご近所付き合いのある環境」、「保育園や学校が近いところ」など、移住後の暮らしを想像しながら条件をリストアップしてみましょう。家探しや仕事探しの基準になります。

  • ワンポイントアドバイス
    すべての条件がぴったりと合うことはなかなか難しいかもしれません。妥協が必要なポイントも出てくることを念頭に置いておきましょう。


STEP3.五島市の情報収集をする

自分が思い描く暮らしを想像しながら、移住したい地域について調べましょう。
ここで注意したいのは、ネットの情報には限りがあり、書かれている内容も人によって受け取り方が異なります。実際に現地で暮らす移住相談員に相談してみましょう。



STEP4.移住の計画を立てる

いつ頃移住するのか、または移住できるのか計画を立ててみましょう。
頭で考えるだけでなく、書き出して見える化させることが大切です。いつ移住するか、いつ下見に行くか、いつ今の家を解約するか、いつ仕事を辞めるかを書き出すだけでも考えがすっきりまとまります。
とくに決まった期限などがなければ、今から1年後を目途として書いてみましょう。

  • ワンポイントアドバイス
    すぐに移住したい!という思いがあっても、スムーズに移住するには時間に余裕を持つことが大切です。


STEP5.五島市を下見する

下見をせずに移住するのはリスクも高く、なかなか上手くいかないものです。ネットやテレビの情報だけに頼らず、必ず現地の雰囲気を自身の目で見て、肌で感じましょう。
ご家族で移住するならなおさら、家族旅行も兼ねて下見をしましょう。

  • ワンポイントアドバイス
    福江島をじっくり見るなら2泊3日がおすすめ。奈留島など二次離島へ訪れる場合はプラス1日しましょう。
  • お役立ちツール
    五島市までの交通アクセス


STEP6.物件情報をチェックする

現地を見て「やっぱり五島に住みたい」と思ったら、次は物件探しです。
仕事探しも大切ですが、「仕事は決まっているのに家が見つからない」という状況になっては大変です。五島に移住するなら、まずは物件を探しましょう。
五島の物件情報は、空き家バンクと不動産会社からチェックし、気になる物件があったらすぐに連絡しましょう。

  • ワンポイントアドバイス
    移住相談と現地の下見を済ませた方は、短期滞在住宅を早めに予約することをおすすめします。


STEP7.求人情報をチェックする

入居物件の目途が立ったら仕事探しです。
五島の求人情報はハローワークが主流。ハローワークの求人は全国からネットで閲覧できるので、どんな求人が出ているのかチェックしましょう。
ただし、ハローワークに出ている求人が全てではありません。五島の求人は、店先の貼り紙や口コミでも多くあり、とくに口コミで仕事を見つけた方は大勢います。

  • ワンポイントアドバイス
    早く就職先を決めたい気持ちを少し抑えて、ここは時間をかけてじっくり探す余裕を持つといい求人に出会えるかもしれません。
  • お役立ちツール
    面接旅費助成


STEP8.移住の手続きをする

移住の時期が決まり、今の生活に区切りをつけるとき。現在の仕事先への退職の連絡や引っ越し準備、お子さんがいる場合は学校の転校手続きなど新しい暮らしに向けて一歩ずつ進めていきましょう。
引っ越しの際、車を持ち込む場合は早めにフェリーの予約をしましょう。意外と予約が埋まりやすいです。

  • ワンポイントアドバイス
    忙しくて疲れたときは、「どうして移住したいのか」を思い返してみましょう。「移住後の暮らし」ではなく、「移住すること」が目的になっていないか注意が必要です。



STEP9.五島市で暮らす

いよいよ移住のとき。引っ越しを済ませたら、ご近所や地域の町内会に挨拶に行きましょう。ゴミの出し方や町内会の集まりなど、地域のルールや地元の行事について教えてもらい、少しずつ地域の人との繋がりを作っていきましょう。

  • ワンポイントアドバイス
    ご近所さんに会ったときは自分から進んで挨拶しましょう。立ち話から思わぬ暮らしの豆知識を得られるかもしれません。
  • お役立ちツール
    暮らしの相談


移住のために必要なこと1.資金を貯める

人によって差があるので一概には言えませんが、下見で来島する旅費をはじめ、移住は引っ越しや車の購入など大きな出費が重なります。
また、移住してからすぐに働く場合は別ですが、移住してから仕事を探したい方は、しばらくの間は暮らしていける程度の資金があると安心です。


移住のために必要なこと2.免許を取る

島は車社会です。いま、免許を持っていない方はまず運転免許を取得しましょう。
ペーパードライバーの方は、移住前に運転できるようにしていたほうが安心ですが、島内の道はほとんど舗装されていて運転しやすいので、移住してから初心者マークを外すことができた方は大勢います。
また、車の購入は島内でも可能です。中古車なら20万円台からありますが、安いと後々修理が重なる場合があるので、ある程度予算があると良い車に出会えるでしょう。